« 企画倒れ! | トップページ | 都屋ロックの顔 »

2007年7月22日 (日)

7月23日

1931年 磯崎新 (建築家)
1935年 朝丘雪路 (俳優,舞踊家,歌手)
1938年 ミッキー・カーチス (歌手,俳優,司会者,
      「ロカビリー三人男」の一人)
1942年 松方弘樹 (俳優)
1946年 日本新聞協会設立
1947年 井崎脩五郎 (競馬評論家)
1952年 六田登 (漫画家『ダッシュ勝平』)
1962年 三上博史 (俳優)
1963年 阿部知代 (アナウンサー(CXフジテレビ))
1965年 スラッシュ、ミュージシャン(元ガンズ・
      アンド・ローゼズ、現ヴェルヴェット・リ
      ヴォルヴァー)
1968年 水前寺狂士郎 (プロレス)
1971年 倉田真由美、漫画家
1973年 カツノリ(野村克則) (野球(ヤクルト[元],
      阪神/捕手),野村克也の子
1973年 村上淳 (俳優)
1974年 マンモス佐々木 (プロレス)
1974年 モーリス・グリーン (米:陸上(短距離))
1976年 パッション屋良、芸人
1978年 山本貴司 (水泳(バタフライ))
1984年 リッカーミシンが倒産
1987年 クーラー使用による電力需要激増により首
      都圏で大規模な停電
1989年 参議院議員選挙で自民党が過半数を割る。
      「マドンナ旋風」が流行語に
1989年 幼女連続誘拐殺人容疑で宮崎勤が逮捕
1989年 ダニエル・ラドクリフ (英:俳優『ハリー・
      ポッターと賢者の石』) Daniel Radcliffe
       07/31説あり
1999年 全日空機がハイジャック。犯人は機長を刺
      殺し一時機体を操縦。日本のハイジャック
      で初めて死者が出る
(今日は何の日 毎日が記念日
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2007年・・・
食品だけじゃない中国ニセモノ事情!ゴミから作った高級
布団を摘発―安徽省

 2007年7月20日、安徽省淮北市の住宅地で、ニセ高級布団
の工場が摘発された。原料は繊維のくず・工業ゴミだとい
う。(Record China

ノッポさん&ゴン太くんが初コント
 NHK教育で90年まで放送された「できるかな」のキ
ャラクターだったノッポさんとゴン太くんが、NHK「サ
ラリーマンNEO」(8月7日後11・00)に出演する。
コントに挑戦するのは初めて。スタジオでの共演は「できる
かな」以来となり、収録では息の合ったパフォーマンスを
披露した。

 番組はサラリーマンをモチーフにしたコント仕立てのバ
ラエティー。ノッポさんもゴン太くんもネクタイを着用し
会社員に扮した。ゴン太くんが失敗し上司役の生瀬勝久(
46)に怒られているのを、ノッポさんが助ける設定。ノ
ッポさんは収録後「すごく楽しかった。ゴン太くんとは久
しぶりで練習もしてなかったけど、昔と変わらずやれた」
と満足げに話した。(スポニチ) 

益子直美“デビユー”しちゃった
7月23日10時26分配信 デイリースポーツ
IWAジャパン新宿FACE大会(22日・新宿FACE)
で、女子バレーボール元日本代表で、タレントの益子直美
(41)が超大物ルーキーとして仰天プロレス“デビュー”
を果たした。益子はダンプ松本が率いる極悪同盟のセコンド
として、白いツナギに極悪メーク姿で登場。ダンプにうなが
されると、「うそ~!」と絶叫し、オドオドしながらも、禁
断のリングに上がった。
 セコンドでは終わらなかった。益子はまずチェーンでジャ
ンボ堀の首を絞めてポーズを取り、再度リングに上がると今
度はダウンした堀を踏みつけた。プロレスラー・益子として
華々しい“極悪デビュー”を飾った。
 益子は「怖かった。でも初めての経験なのでアドレナリン
が出ました」と興奮気味。もともとプロレス好きで、ラジオ
番組のゲストだったダンプに「セコンドやりたい」と打診し
たことがきっかけになったという。
 試合後はIWAの浅野社長に「ぜひウチに来てほしいわ」
と勧誘される一幕も。益子は今回限りの出場を強調しつつ「
ヒールも意外なイメージでいいかも」と、まんざらでもない
様子。ヒールを履かなくても長身という、175センチの大
型ヒールが本当に誕生するかもしれない。 

2006年・・・
●FC琉球、アウエー初勝利(対ホンダロック戦 1-0)

辰吉に並んだ!名城 雑草王者だ

 名城が、辰吉に並んだ。ボクシングのWBA世界スー
パーフライ級タイトルマッチが22日、東大阪市立総合
体育館で行われ、序盤から打撃戦を展開した名城信男(
24=六島)は、王者マーティン・カスティーリョ(2
9=メキシコ)の左目上の出血がひどくなった10回、
レフェリーストップによるTKOで勝って王座を奪取し
た。プロ8戦目での世界王座奪取は、元WBC世界バン
タム級王者・辰吉丈一郎(36=大阪帝拳)に並ぶ国内
最速タイ。無名の雑草王者が、天才ボクサーに並ぶ記録
で、日本ジム所属の6人目の現役世界王者となった。

 新王者は、勝者のコールを受けても脱力したまま無表
情だった。枝川孝会長に肩ぐるまされてやっと気付いた。
信じられない。しかも、あこがれの辰吉に並ぶプロ8戦
目での世界王座奪取。10回1分2秒、レフェリースト
ップでの突然の幕切れに、名城の歓喜は遅れてやってき
た。

 「勝ってもうた。オレみたいなのが、ええんかな。1
回に(パンチを)もらった時は、やっぱ、ちゃうなあと
思った」

 4度防衛の安定王者にプロわずか3年目の名城が挑ん
だ。1回終盤、不利の前評判そのままに、左フックを食
った。足がよろけた。何とか耐えて戻ったコーナー。藤
原トレーナーの言葉でわれに返った。「1回でよかった
やん」

 2回、逆に右ストレートを見舞って、王者の左目上を
カットさせた。初回にもらった左の恐怖を振り払い、再
度、右を叩きつけると流血は激しくなった。形勢逆転。
9回開始前、レフェリーが王者陣営に「流血が続けば試
合を止める」と警告した。10回、その通りの結末を迎
えた。

 つらい過去を戦う動機にしてきた。昨年4月3日、日
本王座初挑戦でTKO勝ちした試合後、相手の田中聖二
さん(享年28)が倒れ、同15日に亡くなった。1カ
月自宅に引きこもった。引退も考えたが、新婚3カ月の
田中さんが苦節7年でつかんだベルトを思うと、できな
かった。

 「やめるのは簡単だけど、続けることが使命だと思っ
た」。眠れない夜もあったが、疲れ果てるまで練習した
。田中さんへ、そして「仕方ないことだから頑張って」
と言ってくれた田中さんの父・清和さんへささげる世界
のベルトになった。

 うれしいことが、もう1つあった。試合後の控室に、
テレビ解説を務めた辰吉が祝福に来てくれた。「おめで
とうと言いたいところやけど(タイ記録は)中途半端や
。何で(世界挑戦が)7戦目やないの」と独特の表現で
称えてくれた。辰吉が91年に8戦目で世界王座を獲得
した時、名城は9歳だった。「辰吉さんにあこがれて」
ボクシングを始めた。辰吉に並んだ王座奪取は、同じ1
0回TKOでの勝利だった。

 つらい過去は世界王座に結実し、あこがれのボクサー
に並ぶ快挙までプレゼントしてくれた。目立ったキャリ
アもない雑草男が上り詰めた世界の頂点。しかし、名城
はすぐに防衛戦に思いを向けた。「面白い試合をする王
者になる」。2人分の夢を乗せた宿命の拳は、もう歩み
を止めない。

 ◆名城 信男(なしろ・のぶお)1981年(昭56
)10月12日、奈良市出身の24歳。奈良工でボクシ
ングを始め、近大に進学。03年7月プロデビュー。0
4年8月、2度の世界挑戦経験がある世界ランカーの本
田秀伸(グリーンツダ)に判定勝ちし、世界ランク入り
。昨年4月、日本スーパーフライ級王座を獲得し、初防
衛戦ではWBA世界スーパーフライ級2位の松浦を下し
た。スタミナと強打が武器の右ファイター。戦績は8勝
(5KO)無敗。父は沖縄県本部町出身。

 ≪名城を称えるカスティーリョ≫王座から陥落したカ
スティーリョは潔く敗北を認めた。2回にカットした左
目上の傷口は5センチにも及び、セコンドについた世界
的カットマン、ディアス氏でも完全に止血することは不
可能だった。試合後は「レフェリーをはじめ、それぞれ
が自分の仕事をしただけ。名城は非常に勇敢な選手。勝
利にふさわしい」と新王者を持ち上げた。
[ スポニチアネックス:紙面記事 ]

藤川 オール直球で清原三振斬り!

【全セ7―4全パ】清原、参った。夢対決は球児に軍配!
「2006 サンヨーオールスターゲーム」第2戦は23
日、全セが7―4で全パを下し2連勝。昨年からの連勝を
4に伸ばした。8回にはオリックス・清原和博内野手(3
8)と阪神・藤川球児投手(26)の因縁対決が実現。藤
川がオール直球勝負で清原を空振り三振に仕留めた。通算
成績は全パの73勝65敗8分け。MVPには阪神・藤本
敦士内野手(28)が選ばれた。

 魂を剛球に込めた。全身全霊のスイングで応えた。清原
と藤川。力と力の真っ向勝負にはプロ野球のだいご味が凝
縮されていた。4球に詰まったドリーム。雨天で1日順延
となった第2戦。ついに実現した夢対決に、初めて球宴が
開催された宮崎ではウエーブが起きた。

 藤川「周りの歓声、ベンチのムード…。マウンドで感極
まりそうになりました。子供の頃からのあこがれの人に立
ち向かっていけて、今は感動しています」

 8回2死無走者で「代打・清原」が告げられた。藤川は
公約通りに直球勝負。球場のスピードガンは150キロ未
満だったが、テレビでは初球から153キロ、151キロ
。清原もフルスイングで応えた。連続空振りの後、152
キロをファウル。最後は真ん中高めの151キロにバット
は空を切った。

 清原「凄かった。ホームランを狙ったけど、駄目やった
ね。今まで見たことない凄いストレートが来た。参りまし
た。だけど悔しいです」

 藤川の投球練習の際には松坂も興味津々の様子で古田の
後ろで“見学”したほど。一流選手も注目した対決だった
。その松坂から「ナイスボール!」と声を掛けられた藤川
は“ウイニングボール”をスタンドに放り投げた。清原は
悔しさから下を向いて引き揚げ、藤川の一礼にも反応でき
なかった。

 通算500号がかかった昨年4月21日巨人―阪神戦(
東京ドーム)。2人は阪神リードで8点差の7回2死満塁
で対戦。フォークに空振り三振した清原は「チ○ポコつい
てるのか!」と激怒した。藤川は言う。「あれから真っす
ぐに磨きをかけるようになった。去年から今年にかけて清
原さんに育ててもらった。あの時を思い出して投げました
」。藤川の成長は清原のおかげだった。

 捕手を務めた古田監督も興奮していた。「凄いボールに
凄いスイングやった。僕も数々のボールを受けてきたけど
、藤川はちょっと別格。伸びてくる角度というかね。真っ
すぐだけなら藤川が(今までで)一番」

 前日の大雨も上がり、宮崎の夜空には美しい花火が上が
った。「清原さんにはこれからの野球人生の心意気をもら
いました。また真剣勝負をしたい」と藤川。両リーグ最多
の約80万票を集めたお祭り男は2試合で3打数無安打に
終わり、あと1本に迫っていた球宴の最多本塁打(14)
に並ぶことはできなかった。それでも、右足故障で出場も
危ぐされた中で夢対決が実現。「この舞台を与えてくれた
ファンに感謝したい。また勝負?フフッ…まあ、頑張りま
す」。魂の4球は永遠に語り継がれる名勝負だった。
[ 2006年07月24日付 紙面記事 ]

« 企画倒れ! | トップページ | 都屋ロックの顔 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月23日:

» 琉球列島での海洋生物の調査日記 [琉球列島での海洋生物の調査日記]
日本周辺のとくにサンゴ礁を中心とする琉球列島の八重山、宮古、沖縄の各諸島を中心に海洋生物とくに海洋植物の調査・研究活動の成果を報告します。 [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 午前 02時13分

» 藤川球児のあの歌売り切れ続出 [WinWin阪神タイガース]
タイガースの藤川球児がリリーフに出た時のあのリンドバーグの「EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING」というCDが何やら再発売されたらしいが、各地で売り切れ続出とのことです。なんであの曲が藤川球児のテーマ曲になったか、おそらく藤川球児が昔からファンだったからとかの単純な理由でしょうが、リンドバーグなんてもう解散しちゃって何年もたつのに、売れてるなんて本人たちは嬉しいでしょうね。�... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 午後 07時06分

« 企画倒れ! | トップページ | 都屋ロックの顔 »