« 地獄からの生還 | トップページ | 11月3日 »

2007年11月 1日 (木)

11月2日

タイガース記念日 -
阪神タイガース記念日(日本)
1985年11月2日、プロ野球の日本シリーズで阪神
タイガースが西武ライオンズを破って日本一になった
ことを記念して、タイガース後援会などのタイガース
ファンが制定。

死者の日 
キリスト教(カトリック)の記念日。
死者の霊魂のために祈りを捧げる日。

1082年 (元豊5年10月10日)- 徽宗、
         北宋第8代皇帝(+ 1135年)
1692年 - ウニコ・ヴィルヘルム・ファン・
         ヴァッセナール、作曲家(+ 1766年)
1755年 - マリー・アントワネット、
         フランス王ルイ16世の妃(+ 1793年)
1758年  (宝暦8年10月2日) - 良寛、
         曹洞宗の僧侶、歌人(+ 1831年)
1795年 - ジェームズ・ポーク、
         第11代アメリカ合衆国大統領(+ 1849年)
1815年 - ジョージ・ブール、数学者・哲学者(+ 1864年)
1844年 - メフメト5世、
         オスマン帝国第35代スルタン(+ 1918年)
1865年 - ワレン・G・ハーディング、
         第29代アメリカ合衆国大統領(+ 1923年)
1868年 - 横山大観、日本画家(+ 1958年)
1874年 - 読売新聞創刊。
1877年 - アーガー・ハーン3世、
         イスラム教ニザール派のイマーム(+ 1957年)
1885年 - ハーロー・シャプレー、天文学者(+ 1972年)
1890年 - 西ノ海嘉治郎 (3代)、力士(+ 1933年)
1893年 - バッティスタ・ファリーナ、
         自動車デザイナー・
         ピニンファリーナ創始者(+ 1966年)
1906年 - ルキノ・ヴィスコンティ、映画監督(+ 1976年)
1907年 - 人生幸朗、漫才師(+ 1982年)
1911年 - オデッセアス・エリティス、詩人(+ 1996年)
1913年 - バート・ランカスター、俳優(+ 1994年)
1923年 - 三橋達也、俳優(+ 2004年)
1931年 - フィル・ウッズ、ジャズサックス奏者
1931年 - ノーマン・ミネタ、アメリカ合衆国の運輸長官
1944年 - キース・エマーソン、キーボーディスト、作曲家
1946年 - ジュゼッペ・シノーポリ、指揮者(+ 2001年)
1946年 - 杉田二郎、歌手
1949年 - L・M・ビジョルド、小説家
1950年 - リュボミィル・リュボエビッチ、
         チェスプレーヤー
1953年 - 平田満、俳優
1954年 - 吉田裕、歴史家
1957年 - 美木良介、俳優
1962年 - 大土井裕二、ミュージシャン、元チェッカーズ
1964年 - 中山加奈子、ミュージシャン、
         元プリンセス・プリンセス
1966年 - デヴィッド・シュワイマー、俳優
1967年 - 石田彰、声優
1970年 - 佐藤寛之、俳優、元光GENJI
1972年 - 松本裕子 (アナウンサー)、ニュースキャスター
1972年 - 水野貴広、元騎手・調教師(日本中央競馬会)
1972年 - 水野貴史、騎手(埼玉県浦和競馬組合)
1974年 - ホセ・フェルナンデス、プロ野球選手
        (西武ライオンズ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
1975年 - 津曲勝利、バレーボール選手
1975年 - ジェレミー・デュフォア、レーシングドライバー
1975年 - 若林直美、声優
1976年 - 佐久間紅美、声優
1978年 - 田中毅、日本テレビアナウンサー
1979年 - 今村雅美、女優
1981年 - AI、歌手
1981年 - 民部良子、女優・ファッションモデル
1982年 - 深田恭子、歌手、女優、タレント
1985年 - 阪神タイガースが西武ライオンズを破り、
         初の日本一に。
2004年 - 東北地方初のプロ野球球団となる東北楽天
         ゴールデンイーグルスの参入が承認される。
生年不明 -クッキーモンスター『セサミストリート』
      に登場するキャラクター

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


2007年・・・
ニューリリース
ヘッドライン
口笛太朗の『風とギターケース』でブーム本格化!?
 最近、メディアで話題を呼ぶようになった口笛
アーティスト。今年アメリカで開催された
「第34回国際口笛大会」では、成人女性の部、子供の部、
10代男性の部で日本人が優勝および上位入賞したことも
影響して、口笛を取り上げるメディアが増えている。
また、CMを意識すると口笛をフィーチャーしたものがかなり
あることに気付く。そんな中、口笛太朗という名の口笛
アーティスト(サラリーマン)のアルバム
『風とギターケース』への注目度が高まっている。
すでに「着うた」ならぬ「着口笛」としても配信されており、
いよいよ口笛ブームが本格化しそうな気配だ。(オリコン)

開発者が明かす「ニコニコ動画」人気の“キモ”
11月2日9時24分配信 ITmediaニュース

たった1人で始まったニコニコ動画の開発。人気の秘密は
「みんながちょっとずつ参加できる」こと──そう開発者
は話し、サービスの“キモ”であるコメント機能の作り方
を明かした。

 「動画上で行う非同期コミュニケーションを普及させたい」
――ニコニコ動画開発の出発点は、そんな思いだったという。
「でも、流行るかどうかわからなかったので」開発は小さく
スタート。昨年末、最初に公開した「ニコニコ動画(仮)」
は、ドワンゴの戀塚(こいづか)昭彦さんが1人で作った。

 アドビシステムズが11月1日開いた開発者向けイベント
「Adobe MAX Japan 2007」に戀塚さんが登場し、Flashを使っ
たサービスとしてニコニコ動画を紹介。
「みんながちょっとずつ参加できる」のが人気の秘密と語り、
コメント機能がサービスのキモだと位置づける。
「アイデア一発のサービスにしては、細かい調整に手間がかか
ってます」

●ニコニコ動画は「視聴者の力が大きい」メディア

 ニコニコ動画の人気の秘密は「みんながいろんな手段で少し
ずつ参加できる」ことだと戀塚さんは言う。動画を投稿する
だけでなく、コメントを付ける、「ニコニコ市場」に商品を
掲載する、市場の商品を買う、タグを付ける――それぞれ気軽
に参加することもできるし、高度な手法で参加する専門の
“職人”も現れる。「ニコニコ動画は、視聴者の力が強い
メディア」

 動画投稿のハードルも、他サービスより低いという。
「未完成の動画を投稿してもコメントで意見をもらい、改良し
ていける」ためで、コメントがもらえればモチベーションも
高まる。

 動画を作る技術がなくても、他ユーザーの動画を借りて音声
を付け加えたり、編集を施したり――お互いに素材を利用しあ
う「マッシュアップ」文化があり」
「個別の手間だけで参加できる」。

« 地獄からの生還 | トップページ | 11月3日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月2日:

» 【10万円返金保証】なんで今まで無かったの?株式投資の手法を競馬に応用したら、こうなった!■株式競馬■ [【10万円返金保証】なんで今まで無かったの?株式投資の手法を競馬に応用したら、こうなった!■株式競馬■]
目指すは競馬の投資で『高的中・高回収率』ですからこんな安っぽい特典は不要だとは存じますが・・・もし30日以内に黒字にならなければ、完全数量限定価格3万9800円の本商品にお詫びとして180日間無料メールサポート+完全返金10万円保証付き! [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 午前 01時56分

» エルメス []
また寄らせて下さい。エルメス。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 午前 02時27分

» ZARD 1999年のLIVE映像の動画 []
世紀末に美しく輝いたZARDの貴重な映像です。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 午前 11時52分

» 「ニューハーフ柚木れいな」の安心投資競馬☆特典ナシ☆ [「ニューハーフ柚木れいな」の安心投資競馬☆特典ナシ☆]
レース条件など一切レース選択しないで購入した結果です。投資方法の検証の為、利益を出す戦略を一切含まず検証し、最悪の結果となりました。最悪の結果です。それでも、7月から実際に購入し2007年1月21日現在まで1日たりとも負けた事がありません。回収率はさほど高くはないですが、負けないんです。そう、負けないんです。何がスゴイの?勘の良いアナタはの気づいちゃいましたね。最悪の結果でも負けないんです... [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 午後 06時34分

» 「驚異の必勝馬券術〜競馬はギャンブルじゃない。競馬で経済的独立を!〜 [「驚異の必勝馬券術〜競馬はギャンブルじゃない。競馬で経済的独立を!〜]
週刊SPA!の中の6Pにわたる【ネットでバカ売れの[情報商材]を試してみた!】の記事中でSPA!編集部のお薦め売上げベスト10でギャンブル部門第3位(競馬関連第1位)に選ばれました。ご興味のある方は是非ご購読してみてください [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 午前 03時11分

« 地獄からの生還 | トップページ | 11月3日 »