« 3月23日 | トップページ | 3月25日 »

2008年3月23日 (日)

3月24日

マネキン記念日
1928(昭和3)年、上野公園で開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で高島
屋呉服店が日本初のマネキンガールを登場させた。マネキンガールとは、マ
ネキン人形ではなく現在でいう「ハウスマヌカン」のことである。「招金」に通じ
るということで、フランス語のマヌカンではなく英語のマネキンという言葉を使った。

1229年(寛喜元年2月27日) - 北条長時、鎌倉幕府第6代執権(+ 1264年)
1657年(明暦3年2月10日) - 新井白石、江戸幕府老中・儒学者(+ 1725年)
1776年(安永元年2月5日)- 調所広郷、薩摩藩家老(+ 1849年)
1874年 - ハリー・フーディーニ、奇術師(+ 1926年)
1884年 - ピーター・デバイ、物理学者・化学者(+ 1966年)
1889年 - 林譲治、政治家、第41代衆議院議長(+ 1960年)
1893年 - ジョージ・シスラー、野球選手(+ 1973年)
1909年 - クライド・バロウ、『ボニーとクライド』で有名な犯罪者カップル
         のひとり(+ 1934年)
1915年 - ゴージャス・ジョージ、プロレスラー(+ 1963年)
1921年 - 小峰元、小説家(+ 1994年)
1921年 - ワシリー・スミスロフ、第8代チェスの公式世界チャンピオン
1925年 - 速水優、第28代日本銀行総裁
1928年 - アドリアン・フルティガー、書体デザイナー
1930年 - スティーブ・マックイーン、俳優(+ 1980年)
1931年 - 高橋彦博、政治学者
1944年 - ヴォイスラヴ・コシュトニツァ、ユーゴスラビア連邦共和国最後の大統領
1947年 - 梶芽衣子、女優
1951年 - 松本薫、狂言師
1951年 - トミー・ヒルフィガー、ファッションデザイナー
1953年 - 国際電信電話株式会社 (KDD) 設立。 
1954年 - 大島やすいち、漫画家
1956年 - 島田紳助、タレント
1956年 - スティーブ・バルマー、実業家
1956年 - 山口健、声優
1958年 - 鶴田保子、プロレスラー・ジャンボ鶴田夫人
1962年 - ジ・アンダーテイカー、プロレスラー
1963年 - 前野昌弘、物理学者
1965年 - 合田浩章、アニメーション監督、アニメーター
1966年 - 大橋薫、漫画家
1966年 - 楠桂、漫画家
1967年 - 辻口博啓、料理人
1968年 - 斉藤一美、文化放送アナウンサー
1969年 - 郭李建夫、野球選手
1969年 - ヨーコ・ゼッターランド、バレーボール選手
1970年 - 天野ひろゆき、お笑いタレント(キャイ〜ン)
1970年 - 酒井格、作曲家
1970年 - ちはる、タレント
1970年 - 原田泰造、お笑いタレント(ネプチューン)
1970年 - タケホープ、競走馬(+ 1994年)
1971年 - 羽鳥慎一、日本テレビアナウンサー
1973年 - 丹下桜、声優
1973年 - DJ JIN、DJ(RHYMESTER)
1976年 - くわばたりえ、お笑いタレント(クワバタオハラ)
1977年 - 三浦祥朗、声優
1978年 - 持田香織、ミュージシャン(Every Little Thing)
1978年 - 加藤武治、プロ野球選手
1979年 - 滝川英治、俳優
1980年 - SHOGO、ミュージシャン(175R)
1982年 - 大友愛、バレーボール選手
1982年 - 姫嶋菜穂子、タレント
1982年 - コーリー・ハート、野球選手
1984年 - 藤本淳吾、サッカー選手
1985年 - 綾瀬はるか、タレント・女優
1986年 - 平手晃平、レーシングドライバー
1987年 - 麻美ゆま、AV女優
1988年 - 水村綾菜、女子プロレスラー
1988年 - 赤西涼、AV女優
1989年 - 小泉瑠美、グラビアアイドル
1989年 - 井岡一翔、アマチュアボクシング選手
1992年 - マヤノトップガン、競走馬
1993年 - 篠田拓馬、子役
1994年 - ステイゴールド、競走馬
2007年 - フィギュア世界選手権で安藤美姫が金メダル、浅田真央は銀メダル。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

前楽天監督田尾氏の夫人ヘビメタデビュー
3月24日9時38分配信 日刊スポーツ

 ヘビーメタル界に48歳の人妻ボーカリストが現れた。
その名もMADAM REY。音楽プロデューサーにギタリストの横関敦を
迎えた、アルバム「Madam madaM」で26日、本格デビューする。
「70歳になっても革ジャンが似合う女でいたいの」とほほ笑むレイの本名は
田尾宏子さん。素顔はプロ野球前楽天監督で野球評論家の田尾安志氏(54)
の夫人なのだ。
 少女時代にヘビメタにのめりこみ、いつかデビューを夢見たが、田尾氏と
結婚後、今年29歳の長男を筆頭に3人の子育てと、家事を優先させてきた。
一時プロデビューしたが、引退後の田尾氏が指導者を依頼された場合、妻が
ヘビメタ路線では不都合だろうと、ポップスを選んだ。その田尾氏も05年の
楽天球団創設年を監督として支えた。今度は自分も夢を夢のままで終わらせ
たくなかった。高校に進学する娘の視線が気になったが「ママかっこいい」
の一言で、革ジャンに鎖をジャラジャラ、シャウトする快感に身を委ねた。
 アルバムの全9曲を作詞した。中には<歌詞>“Sotto”なめ回して
“Gyutto”挟んで…など性的表現を含む歌詞もある。「作詞は夜中に
することが多いから…。でも、この年齢だからいやらしくなく歌えるの」と
大人のコメントだ。 

最終更新:3月24日9時38分
2008032400000009oricentview000



















長州 母に捧げるラリアート
3月24日10時40分配信 デイリースポーツ

「新日本」(23日、尼崎市記念公園総合体育館=デイリースポーツ後援)
 長州が母の死を乗り越え戦い抜いた。実母・吉田文子さん
(享年、死因非公表)が22日亡くなった。しかし、パートナー蝶野と連係
攻撃を見せると最後はラリアートで稔からフォールを奪った。試合後は何も
語らず会場を後にした。対戦した後藤は「全然知らなかった。すごいですね」
と普段と変わらなかった戦いぶりに感服していた。なお、文子さんの告別式
は24日、山口県周南市の徳応寺で行われる。

2006年・・・
 
初出場・八重山商工 初戦突破

第78回選抜高校野球大会第2日は24日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、
日本最南端の高校で春夏通じて甲子園初出場の八重山商工(沖縄)が、岐阜城
北(岐阜)横浜(神奈川)とともに2回戦に進んだ。

 八重山商工はエース大嶺が毎回の17三振を奪う力投。打線も金城長の大会第
1号本塁打を含む10安打で援護し、18年ぶり出場の高岡商(富山)を5―2で破
った。

 初出場校同士の対戦は、岐阜城北が「希望枠」の一関学院(岩手)に2―1で
逆転サヨナラ勝ち。横浜は左腕の川角が初出場の履正社(大阪)を2安打に完封
し、1―0で競り勝った。 【スポニチアネックス】

« 3月23日 | トップページ | 3月25日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日:

« 3月23日 | トップページ | 3月25日 »