« リサイクル王84のリサイクルショップ | トップページ | 夢、再び! »

2008年4月 2日 (水)

4月3日

いんげんまめの日
1673(延宝元)年、いんげん豆を日本に齎したとされる隠元禅師が亡くなった。

シーサーの日
その他の記念日
「シー(4)サー(3)」の語呂合せ。
ゴーヤーの日 5月8日
パインの日 8月1日
沖縄そばの日 10月17日
泡盛の日 11月1日

1367年 - ヘンリー4世、イングランド国王(+ 1413年)
1783年 - ワシントン・アーヴィング、小説家(+ 1859年)
1879年 - 長塚節、歌人・小説家(+ 1915年)
1881年 - 児島虎次郎、洋画家(+ 1929年)
1883年 - 北一輝、思想家(+ 1937年)
1887年 - 鳳谷五郎、大相撲第24代横綱(+ 1956年)
1903年 - ヨアヒム・リッター、哲学者(+ 1974年)
1907年 - 下田武三、外交官・最高裁判所裁判官・プロ野球コミッショナー(+ 1995年)
1907年 - アイザック・ドイッチャー、マルクス主義思想家・ソ連研究者(+ 1967年)
1908年 - 杉浦茂、漫画家(+ 2000年)
1909年 - スタニスワフ・ウラム、数学者(+ 1984年)
1913年 - 金田一春彦、国語学者(+ 2004年)
1917年 - 菊川章陽、書家
1920年 - 吉葉山潤之輔、大相撲第43代横綱(+ 1977年)
1927年 - マーロン・ブランド、俳優(+ 2004年)
1929年 - 山内雅人、声優(+ 2003年)
1929年 - 前田武彦、放送構成作家・タレント
1930年 - ヘルムート・コール、ドイツ連邦首相
1932年 - 有馬稲子、女優
1935年 - 芳村真理、タレント
1936年 - スコット・ラファロ、ベース奏者(+ 1961年)
1937年 - 野呂圭介、俳優
1942年 - 鴨武彦、国際政治学者(+ 1996年)
1942年 - 林家今丸、落語家
1950年 - 森田正光、気象予報士
1952年 - 中島らも、小説家(+ 2004年)
1952年 - 岩本恭生、タレント
1952年 - ボナ植木、マジシャン
1953年 - 仁科亜季子、女優
1953年 - 若乃花幹士_(2代)、大相撲第56代横綱
1959年 - 霧島一博、大相撲力士・元大関
1959年 - 米村理、元プロ野球選手
1960年 - 刈屋富士雄、NHKアナウンサー
1961年 - エディ・マーフィー、コメディアン・俳優
1962年 - 千住真理子、バイオリン奏者
1963年 - ブラボー中谷、マジシャン
1964年 - マルコ・バロッタ、サッカー選手
1965年 - 大榎克己、サッカー選手
1965年 - 篠原英明、実業家、シノケン創業者
1966年 - 冨永みーな、声優
1967年 - 井料瑠美、女優
1968年 - 金本知憲、プロ野球選手
1969年 - 田辺誠一、俳優
1969年 - クハラカズユキ、ミュージシャン(元thee michelle gun elephant)
1971年 - 黒沢薫、ミュージシャン(ゴスペラーズ)
1971年 - NETテレビ(現在のテレビ朝日)で『仮面ライダー』の放送開始。
         制作は大阪の毎日放送。
1972年 - ケンキ、お笑いタレント(どーよ)
1972年 - 佐野公彦、スカッシュ選手
1972年 - 東根作寿英、俳優
1973年 - 大泉洋、タレント(TEAM-NACS)
1973年 - 瀬能あづさ、タレント
1973年 - 大野倫、元プロ野球選手
1975年 - 上原浩治、プロ野球選手
1975年 - 高橋由伸、プロ野球選手
1975年 - 大村朋宏、お笑いタレント(トータルテンボス)
1975年 - 小林千穂、フリーアナウンサー
1976年 - 佐藤哲夫、お笑いタレント(パンクブーブー)
1976年 - タカ、お笑いタレント(タカアンドトシ)
1977年 - 諸岡なみ子、女性タレント(元・制服向上委員会メンバー)
1979年 - 渡辺正人、プロ野球選手
1979年 - 藤野羽衣子、女優・歌手
1980年 - 塚田テツヲ、ミュージシャン(せきずい)
1981年 - デショーン・スティーブンソン、バスケットボール選手
1982年 - 仲根かすみ、女性タレント
1982年 - 堀啓、格闘家
1984年 - 石橋脩、騎手
1985年 - 加藤有加利、歌手(RYTHEM)
1985年 - 北風沙織、短距離陸上選手
1987年 - メジロマックイーン、競走馬(+ 2006年)
1987年 - パク・チョンミン、歌手(SS501)
1989年 - MEILIN、歌手
1989年 - 井川えちか、タレント
1991年 - 前田公輝、子役・俳優
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

「ノンちゃん雲に乗る」石井桃子さん死去 101歳
4月3日8時1分配信 産経新聞

 「ノンちゃん雲に乗る」などの児童書、「クマのプーさん」の翻訳などで
知られた日本芸術院会員で児童文学作家、石井桃子(いしい・ももこ)さん
が2日午後、老衰のため死去した。101歳。

 明治40年、さいたま市生まれ。日本女子大英文科卒。文芸春秋社の編集者
を経て作家活動に入った。昭和26年、「ノンちゃん雲に乗る」で第1回
芸術選奨文部大臣賞を受けた。同作はベストセラーとなり、鰐淵晴子主演で
映画化された。ほかに「やまのこどもたち」「山のトムさん」など多数の作品
がある。翻訳には「トム・ソーヤの冒険」「ピーターラビット」シリーズなど。

 子供たちに多くの本を読んでもらいたいと33年から東京都杉並区の自宅を
開放して「かつら文庫」を始め、児童文学の普及に努めた。29年、菊池寛賞
を受賞。30、41、51年にサンケイ児童出版文化賞。平成7年、
読売文学賞。平成5年、日本芸術院賞。

思いやり予算、きょう衆院通過 大幅遅れ、訓練に支障
4月3日8時0分配信 産経新聞

 平成20年度分の在日米軍の駐留経費負担として1438億円を計上する
特別協定案(思いやり予算)は2日、衆院外務委員会で自民、公明両党の
賛成多数で可決した。民主、社民、共産の3党は反対した。3日の衆院本会議
で可決し、参院に送付される見通し。新協定案は「条約」扱いのため参院送付
後30日間で自然成立するが、参院で宙づりにされている期間は予算執行でき
ない状態が続く。

 民主党が思いやり予算に反対したのは初めて。同党は2日、政策決定機関
「次の内閣」を開き、参院で特別協定案を否決する方針を決めた。ただ、
日米同盟への悪影響を最小限に抑えるため、労務費支払いなどに支障が出ない
20日までに参院で採決し、「衆院の優越」規定による特別協定案承認を黙認
する考えだという。

 思いやり予算は、米軍基地の光熱水費や労務費、戦闘機の夜間離着陸訓練の
移転費用などを日本が負担する制度。特別協定を国会が承認すれば、政府は
閣議決定で条約を発効し、予算を執行する仕組みとなっている。

 政府・与党は前協定が期限切れとなる3月31日までに国会承認を得る方針
だったが、歳入関連法案をめぐる与野党攻防のあおりを受け大幅に審議が遅れた。

 条約発効までの期間は、米軍基地の光熱水費や労務費は米側が立て替えるが、
訓練移転費用は立て替えできないため、訓練計画に支障が出始めている。

 このような状況を受けて、高村正彦外相は「第三国が『日米同盟はそれほど
堅固でないのかな』と誤解する恐れがあり、それだけ抑止力が弱まることは
あり得る」と懸念を表明した。

 しかし、民主党内には、思いやり予算に、米軍の娯楽施設の従業員の給与
などが含まれていることを問題視する声があり、今後も政府を追及する構えだ。

<センバツ>沖縄尚学、東洋大姫路を逆転で破り決勝へ
4月3日15時39分配信 毎日新聞

東洋大姫路2-4沖縄尚学完投した沖縄尚学の東浜=阪神甲子園球場で
2008年4月3日、三浦博之撮影

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれている第80回記念選抜高校野球大会
(毎日新聞社、日本高野連主催)は3日、準決勝2試合が行われ、第2試合で
東洋大姫路(兵庫)と沖縄尚学(沖縄)が対戦。沖縄尚学が4-2で東洋大姫路
を降し、優勝した99年以来9年ぶりの決勝進出を決めた。4日の決勝は初出場
で初優勝を目指す聖望学園(埼玉)と沖縄尚学が対戦する。

 沖縄尚学は2点差で迎えた八回、仲宗根の適時打で1点を返し、その後満塁
として嶺井が右前適時打を放ち、逆転。さらに1点を追加してこの回一挙4得点。
先発の東浜は、8安打を許しながら、要所を抑えて完投した。

2008040300000016maiallbaseview000




























<キャンディーズ>「首ったけ」 石破防衛相が語る
4月3日18時30分配信 毎日新聞

お別れのあいさつをして普通の女の子になった瞬間のキャンディーズ。
左からミキ(藤村美樹)、ラン(伊藤蘭)、スー(田中好子)。5万5000人
のファンがスタンドと人工芝を埋めた=東京・文京区の後楽園球場で

 一世を風靡(ふうび)したキャンディーズのさよならコンサートから30年。
あす4日、ファンらが「大同窓会」を開く。「駆けつけたいくらい」首ったけの
防衛相、石破茂さん(51)に、その思いを聞いた。わが心のキャンディーズ--。
【鈴木琢磨】  

 まさか……。東京・市ケ谷の防衛省、大臣のイスのすぐわきにCDプレーヤーが
あった。カタログ雑誌「通販生活」で見たことがある。小さなボディーから重低音が
響く、おやじ心をくすぐるやつ。石破さん、キャンディーズ、聞いてるんじゃない
でしょうね?

 「いやあ、ここじゃクラシックですよ。大ファンであると認めるにやぶさかじゃ
ありませんがね。キャンディーズ大全集みたいなボックスをいただいて議員宿舎に
置いてはあるんだけど、聞いてないなあ。家内や娘と一緒に暮らしてますから、
お父さん、どっかおかしいんじゃないってなりますもの、聞けませんよ」

 ■

 「普通の女の子に戻りたい!」。そう突然の宣言をしたキャンディーズが
後楽園球場(まだドームでなかった)に5万5000人を集めて解散コンサートを
開いたのは1978年4月4日だった。「歩く月刊明星」の異名をもつ石破さんは
慶応大4年になったばかり。昭和史年表をくってみると、この年は安保体制の強化が
進み、有事立法が問題となる、と特筆されている。ときの宰相は福田赳夫さん、
福田康夫首相の父上である。

 「あのコンサートはテレビで見たんですけどね。私はミキ(藤村美樹)ちゃんが
好きでした。ラン(伊藤蘭)ちゃん、スー(田中好子)ちゃんってメジャーでしょ。
ミキちゃんは一歩控えめ、そそとして。よかったなあ。まんまるいの得意じゃな
かったし。もちろん全曲、歌えます。正しくはA面は全曲。ノリがいいのは
『春一番』だけど、名曲という意味では『やさしい悪魔』でしょうね。音楽的に
完成度が高いですよ、あれ」

 さて、30年ぶりに同じ後楽園の地(JCBホール)にファンが集う「大同窓会」
3人は出演しないものの、当時のコンサートフィルムを見ながら、バックバンド
もそろっての一大イベントになる。そもそもは「全国キャンディーズ連盟
(全キャン連)」なるファンクラブ有志の熱き願いから。語るのは発起人のひとり、
石黒謙吾さん(47)。「去年秋、中心メンバーが亡くなったんです。
キャンディーズの曲で送るキャンディーズ葬をしたとき、あれからもう30年か、
同窓会したいよね、しようよって話が出たんです」

 そんな夢の実現に奔走したのは、キャンディーズの元マネジャーで、くだんの
解散コンサートを仕切った大里洋吉さん(61)だった。サザンオールスターズらが
所属する大手芸能プロ「アミューズ」の会長。石黒さんらのラブコールに打たれたの
である。「よしっ!て感じでね。だって彼女たちは僕の音楽人生の原点だし、還暦
を過ぎたけじめとしてもやりたかった。フィルムコンサートじゃなく、あくまで
パーティーなんです。みんなでわいわい楽しみたい」

 朝日の夕刊(3月17日)に全面広告が載った。すべて大里さんのポケット
マネー。<君は今何をしている? 君はまだ夢の途中にいる? 君は欲しかった
自由を手に入れた?(略)家族に秘密でもいい。会社では見せない顔してもいい。
もういちど“哀愁のシンフォニー”で紙テープを投げよう。ラン、スー、ミキ、
と声をそろえよう。もういちどあの場所へ。もういちどあの気持ちで。ただ時が
過ぎたのではない。そのことを証明しよう>。熱狂的なファンでなくとも、
これはぐっとくる。

 ■

 再び、石破さん。この広告を読んでいたらしい。「夢の途中って、なんか
来生たかおの世界だね。でも、そうなんだよなあ。あのころ、国会議員になる
なんて思ってもいなかった。ただ、その日、その日が楽しかった。いつまでも
明るい未来があると信じてた。へえー、チケット買うと紙テープついてくるんだ。
行けたら、行きたいよー」。変装すれば? 「いや、いや、行けません、
行けません。スポーツ紙や週刊誌にさんざん書かれちゃう。これ以上、
書かれたらロクなことにならないから。それでなくともヘンな大臣と思われて
るから、私」

 まあね、と相づちを打ちそうになって、のみ込んだ。防衛省といえば、
イージス艦の衝突事故である。「勝浦の漁村におわびにうかがった。私は、
人殺しとか、とっとと辞めろと言われると覚悟していたけれど、辞めるな、
あんたが頼りなんだ、二度とこんなことが起こらない組織にしてくれって
言われて。体を張って生きている人たちの気持ちが身にしみました。しみじみ
思い出すんです。亡くなった私の父も国会議員でした。空港も道路もつくった
けれど、人間としてのおれをどれだけの人が必要としてくれたかって言い
残してね……」

 ■

 キャンディーズ世代はオタク第1世代である。そういえば、石破さんも
軍事オタクと揶揄(やゆ)される。昔の「サンデー毎日」のルポに所ジョージ
さんのコメントを見つけた。キャンディーズを追っかけるニュー・ヤング
(懐かしい!)について。<文化的に暮らしちゃってて、野性的じゃないよね>
「そうかなあ、何かに夢中になれるって、私は才能だと思う。彼女らに夢中に
なった少年たち、社会人になっても一生懸命仕事してるんじゃないかな。
官僚もそんなタイプがいいんだけど」

 控室では制服組の自衛官らが待っていた。それでも大臣室で石破さん、
さっきから、古本屋で入手して持参したさよならコンサート特集の
「少年マガジン」増刊号をながめて「かわいいな~」を連発している。
正直といえば、正直な人である。防衛省改革への決意も本物と期待したい。
「ね、どうやったら手に入る、チケット? いやー、別に、行かないよ。
こういうのあるとさ、騒ぎたくなるんだよ。ああ、あの日に帰りたいなあ」



2006年・・・・

巨人開幕戦視聴率15・9%

 3月31日に開幕したプロ野球セ・リーグの巨人―横浜を中継した日本テレビ
の平均視聴率は、午後7時以降で15・9%(関東地区)だったことが3日、ビデ
オリサーチの調べで分かった。開幕日の巨人戦ナイターとしては、集計のある
1972年以降、昨年の13・5%に次ぐ2番目の低さ。

 他地区の平均視聴率は、関西地区が同時間帯で巨人戦が8・0%と低かっ
た一方、ヤクルト―阪神が17・3%。名古屋地区は、巨人戦が午後6時以降
で8・5%、地元の中日―広島は午後6時55分以降で17・3%だった。広島
地区は巨人戦が午後7時以降で9・5%。
[ スポニチアネックス:2006年04月03日 11:39 速報記事 ]

日本アニメ海賊版販売で摘発

 イタリアの捜査当局は2日までに、日本アニメの海賊版DVDを販売していた
として、著作権侵害容疑で、ローマなど同国内のアニメショップ3店を摘発、計
400枚以上の不法コピー商品を押収した。日本のコンピュータソフトウェア著
作権協会によると、欧州で日本アニメの海賊版DVDが摘発されたのは初めて。

 イタリアは世界有数の日本アニメ愛好国。摘発された3店は年間計20万枚
以上のDVDを売り、日本円にして1億円以上の不当な利益を上げていたとみ
られる。押収されたDVDは「火の鳥」「ワンピース」などの人気アニメやゲーム
ソフトの映像の複写。画質の悪いものも多くあったが、いずれも正規品と同価
格の20~25ユーロ(約2900~3600円)で売られていた。
[スポニチ: 2006年04月03日付 紙面記事

« リサイクル王84のリサイクルショップ | トップページ | 夢、再び! »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月3日:

« リサイクル王84のリサイクルショップ | トップページ | 夢、再び! »