« 6月5日 | トップページ | 6月7日 »

2008年6月 5日 (木)

6月6日

飲み水の日
東京都薬剤師会公衆衛生委員会が1990(平成2)年に制定。
世界環境デーの翌日。
「薬だけでなく健康に関わり合いのあるものに貢献して行くのが
薬剤師の仕事」として、東京の水道水の水源である利根川等の
水質検査を行っている。

コックさんの日
「かわいいコックさん」の絵描き歌の中に「6月6日」が出てくる
ことから。

ヨーヨーの日
ヨーヨーを世界的に有名にした立役者であるアメリカ人のドナルド
・F.ダンカンの誕生日。

かえるの日
「かえる友の会」の会員で作家の矢島さらさんが1998(平成10)年に制定。
かえるの鳴き声「けろ(6)けろ(6)」の語呂合せ。

兄の日
姉妹型、兄弟型の研究で知られる漫画家の畑田国男さんが提唱。
双子座のほぼ中間に当る6月6日を記念日とした。
弟の日 3月6日 、妹の日 9月6日 ,姉の日 12月6日,
いい兄さんの日 11月23日

恐怖の日
新約聖書の以下の一節に因む。また凡ての人をして、大小・貧富・自主・
奴隷の別なく、或はその右の手、あるいは其の額に徽章を受けしむ。
この徽章を有たぬ凡ての者に賣買することを得ざらしめたり。
その徽章は獸の名、もしくは其の名の數字なり。智慧は茲にあり、心ある
者は獸の數字を算へよ。獸の數字は人の數字にして、その數字は六百六十六
なり。ヨハネの默示録13:16~18 映画『オーメン』に出てくる「666」という
数字の根拠は上記の一節である。

ほんわかの日、家族だんらんの日
読売テレビが1995(平成7)年に制定。1993(平成5)年、ほんわかした空気を
大切にし、もう一度家族の姿を見つめ直すことを基本コンセプトとした番組
『大阪ほんわかテレビ』が放送を開始した。
1871年 口常三郎 (宗教家,創価教育学会(後の創価学会)会長(初代))
[1944年11月18日歿]

1925年 大滝秀治 (俳優)
1933年 篠沢秀夫、学習院大学名誉教授・東京放送「クイズダービー」
        レギュラー解答者
1934年 山田太一 (脚本家,小説家『岸辺のアルバム』『異人たちとの夏』)
1936年 内山田洋 (歌手(内山田洋とクールファイブ))
1942年 那須正幹 (児童文学作家『ズッコケ三人組』)
1946年 中尾ミエ (歌手)
1952年 ウガンダ・トラ (俳優)
1952年 高橋幸宏 (ミュージシャン(YMO,サディスティックミカバンド/
            ドラムス・ヴォーカル),作詞作曲家,音楽プロデューサー)
1960年 スティーヴ・ヴァイ (米:ミュージシャン(ホワイトスネイク/ギター))
1965年 クラッシャー・レイ・ヴォーン (プロレス)
1967年 菊地英二 (ミュージシャン(THE YELLOW MONKEY/ドラムス))
1965年 実業団8チームにより日本サッカーリーグが発足。日本アマチュア
            スポーツ初の全国リーグ
1968年 桜井秀俊 (ミュージシャン(真心ブラザーズ/ギター・ヴォーカル))
1970年 垣内哲也 (野球(西武[元]・ロッテ/外野手))
1972年 ウィリアムス、プロ野球選手(阪神タイガース)
1975年 豊本明長、お笑い芸人(東京03)
1976年 SHIHO (モデル)
1985年 交通事故で大けがをした川崎市の小学生に対し「エホバの証人」信徒の
            両親が信仰上の理由で輸血を拒否。出血多量で死亡
1985年 平山相太、サッカー選手
1988年  斎藤佑樹、野球選手
2000年 森首相が「パソコンのできない人は日陰だ」と発言
2001年 碇シンジ (漫画キャラ(『新世紀エヴァンゲリオン』))
(今日は何の日 毎日が記念日)

2008年・・・・
「高校生友情プライス」09年6月で休止へ

6月6日17時5分配信 VARIETY

 映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会などの映画団体が、映画人口の増加を
目指して設立した「映画館へ行こう!」実行委員会は 高校生を対象にした映画料
金割引システム「高校生友情プライス」を2009年6月末で終了する方針を決定した。

 同割引は、2006年にスタート。なかなか利用者が増えないこともあって、今年
7月~09年6月を最後の実施としたもの。

 高校生友情プライスは、高校生が3人1組で映画館に来場すると、1人1000円で
観賞できる。同実行員会によると、この割引を利用している高校生は、現在では
全体の0.8%ほど。人数的には100万人を超えているものの、そのパイがどうしても
増えないのだという。3人で集まって映画を見に行く機会は少ないのでは、という
見方もあり、終了を決定したとみられる。

 同委員会が行っている割引は他に、夫婦のうち1人が50歳以上の場合は2人で
2000円で見られる「夫婦50割引」がある。こちらは現在、全入場者の7%ほどで、
スタート時(05)の約4%からある程度の伸びを見せている。この割引は今後とも
続行の方向性で、高校生友情プライスとは、実に好対照だ。

 この背景には、最近顕著になっている若い層の映画館離れがあると言えそうだ。
映画界はこの層に向けた観客の掘りおこしが急務なのだが、なかなか思うように
いかないのが現実。うまく機能しない現行の割引制度を撤収するのは分かるとして、
それに代わるべき新たな対策を早急に実行することが望まれる。

「サヨナラCOLOR」のヒットで知られるバンド、スーパー・バター・ドッグ
が解散

6月6日9時51分配信 オリコン

「サヨナラCOLOR」のヒットで知られるバンド、スーパー・バター・ドッグが解散

公式ホームページで解散を発表した、スーパー・バター・ドッグ

 1994年に結成された5人組バンドのスーパー・バター・ドッグが5日、公式ホーム
ページで解散を発表した。ファンク・ミュージックの影響も色濃く見られ、バラエティ
に富んだ音楽性は、若者だけではなく幅広い世代から注目。俳優の竹中直人もそ
の1人で、彼らが01年に発表したヒット曲「さよならCOLOR」をモチーフに、同タイトル
の映画を自らが役者・監督を務めて05年に映画化した。

【関連データ】 スーパー・バター・ドッグ作品一覧

 94年バンド結成のスーパー・バター・ドッグは、97年にアルバム『FREEWAY』で
メジャー・デビュー。02年にバンドとしての活動休止を宣言した。メンバーそれぞれが
実力派プレーヤーでもあり、その頃にはボーカル永積タカシのソロユニット“ハナレグミ”のほか、メンバーそれぞれのソロ活動も活発化した。

 06年9月には、東京・日比谷野外音楽堂でスーパー・バター・ドッグ名義でライブが
行われた。突然の活動再開でファンを喜ばせただけに、今回の解散発表が惜しまれる。永積は公式ホームページで、「五年ほど休憩して新たにはじめた 一年の中で 
やはり 埋まらない 五人ではうまくバランスのとれない 気持ち 情熱 熱量 が 
自分の中にもメンバー 一人一人の中にもある」ことに気付いたと、心の内を明か
している。

漫画原稿紛失で小学館提訴=作者が330万円請求-東京地裁

6月6日18時1分配信 時事通信


 コミック雑誌「週刊少年サンデー」で連載された漫画「金色のガッシュ!!」の単行本
用原稿を紛失したとして、作者の雷句誠(本名河田誠)さん(33)が6日、発行元の
小学館に慰謝料など330万円を求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、なくなった原稿はカラーで描かれた5枚。単行本化に伴い、同社へ
貸し出していたが、2月末になって紛失が判明した。
 代理人弁護士によると、撮影したフィルムが保存されており再現可能だが、
紛失したのは手書きの原稿で、美術品としての財産的価値があると主張している。

« 6月5日 | トップページ | 6月7日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日:

» エッチな0930特選ムービー紹介 [エッチな0930特選ムービー紹介]
エッチな0930特選ムービー紹介 [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 午後 07時48分

« 6月5日 | トップページ | 6月7日 »