« 8月18日 | トップページ | 8月20日 »

2008年8月18日 (月)

8月19日

バイクの日
総務庁交通対策本部が1989(平成元)年に制定。
「バ(8)イ(1)ク(9)」の語呂合せ。バイクの安
全を考え、バイクによる交通事故の増加を防
止するための日。

俳句の日
正岡子規研究家の坪内稔典さんらが提唱し、
1991(平成3)年に制定。「は(8)い(1)く(9)」の
語呂合せ。夏休み中の子供達に俳句に親しんで
もらう日。

1871年 オービル・ライト (米:飛行機発明,
      ライト兄弟の弟) Orville Wright
      [1948年1月30日歿]
1883年 ココ・シャネル、ファッションデザ
      イナー(+ 1971年)
1921年 ジーン・ロッデンベリー (米:放
      作家,プロデューサー『スタートレッ
      ク』) Gene Roddenberry
      [1991年9月24日歿]

1933年 中等学校野球大会の準決勝で中京商
      と明石中が延長25回・4時間55分の熱
      1942年 9代目松本幸四郎
      (歌舞伎俳優)
1945年  イアン・ギラン、ミュージシャン

1946年 ビル・クリントン (米:大統領(42代))
1948年 前川清 (歌手(内山田洋とクールファ
      イブ[元]))
1950年 襟川クロ (DJ,映画・音楽評論家)
1951年 名古屋市の中日球場のネット裏から出
      火。内野スタンドが全焼。死者3人
1951年 ジョン・ディーコン、ミュージシャン
      (クイーン)
1954年 轟二郎 (俳優,タレント)
1962年 高校野球で栃木の作新学院高校が優勝
      し初の春夏連覇を達成
1962年 ヤガミトール (ミュージシャン
      (BUCK-TICK/ドラムス))
1962年 宅八郎 (おたく評論家)
1962年 風間トオル (俳優)
1963年 Monday満ちる(秋吉満ちる) (シンガー
      ソングライター,俳優,チャーリー・マ
      リアーノ(アルトサックス奏者)・秋吉
      敏子(ジャズピアニスト)の子)
1963年 映画会社がテレビでの映画放映を認可
1965年 佐藤榮作首相が首相として戦後初の沖縄
      訪問。デモ隊に囲まれ米軍基地に宿泊
1969年 タイロン・ウッズ (米:野球(横浜/内野手))
1969年 立浪和義 (野球(中日/内野手))
1974年 ふかわりょう (コメディアン)
1977年 山田貴洋、ミュージシャン、
      (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
1980年 チョンジン、韓国の歌手
1980年  高畑百合子、アナウンサー

(今日は何の日 毎日が記念日)


2008年・・・

チャブロックマック.com  更新


ミツカン、納豆2品にエコ容器を採用

8月19日8時34分配信 日刊工業新聞

ミツカンは18日、納豆の表面を覆うフィルムやたれの小袋などをなくしたエコ容器入り
の納豆「金のつぶ あらっ便利」2品を9月1日に発売すると発表した。価格は165円。
初年度38億円の売り上げを見込む。

 新商品は納豆とたれが区切られた専用容器を採用。新容器に密封度を高める
工夫などを施すことで、フィルムをなくしても納豆の密封性を保てる。たれもゼリー状に
粘着性を高めることで小袋に入れなくても容器からこぼれないようにした。

 フィルムや小袋の削減により従来容器と比べ、包装製造時の二酸化炭素(CO2)
排出量を約6%削減できる。また、家庭から出るゴミも年間45トン削減できるという。
最終更新:8月19日8時34分

球児への提言――基本を怠らず全力プレーを
タジケンの高校野球観戦記 Vol.18
■見苦しい抗議や怠慢プレー
2008年8月19日(火)

 いつから高校野球はこんなふうになってしまったんだろう。最も驚いたのは、
取材時間中に携帯電話をさわる選手が複数いたことだ。試合終了後、報道陣には
合計23分間の取材が許されている。勝ったチーム、負けたチームともに監督と
指名選手がお立ち台へ。そのほかの選手には取材ルームで話を聞くことになるが、
当然ながら試合で活躍した選手に記者は集まる。取材されず、手持ちぶさたになった
のか、一刻も早くメールチェックをしたかったのか。イマドキの高校生といえばそれまで
かもしれないが……。ちなみに、取材ルームは報道陣でさえ、携帯で話していると
係員から怒鳴られる。
 同じぐらい衝撃的だったのが、ある高校の主力選手が手にしていた白い皮手袋を
ベンチに投げつけたこと。三塁からのタッチアップが早いと判定され、得点が取り消され
たことに対する抗議だった。気持ちは分からなくもないが、甲子園のベンチは観客席
にも丸見え。見ていて気持ちのいいものではない。審判に対する反応でいえば、
ハーフスイングを空振りと判定され三振すると、両手を広げて主審に「なぜ?」
というポーズをつくる選手もいた。

 プレーでは、相変わらず手を抜いて走る選手が多い。投手や捕手へのフライで一塁
に走り出さなかった選手がいた。ともに、走者がいる場面。もちろん打球はフェアだ。
落とせばチャンスは確実に拡大する。打ち損なった上に全力疾走するのは格好悪いと
思うのかもしれないが、これは基本中の基本。徹底しなければいけない。
1989年夏の甲子園で、その大会のスター選手だった上宮高の元木大介(元巨人)が
八幡商高との試合で投手フライを打ち上げて走らず、おまけに投手が落球したために
ベンチで山上烈監督に怒鳴られたことがあったが、怠慢プレーにはたとえ甲子園で
あっても監督は厳しい態度をとるべきではないか。
 ある県大会では主力選手が内野ゴロで一塁ベースを踏まずにベンチへ帰ったのを
目撃したが、甲子園でもベスト8に進出した高校の投手が一塁走者時に、次打者の
投手ゴロで後ろを振り返りながらほとんど二塁に走らない場面があった。
「あんな走塁をして怒られないの?」と聞くと、「ピッチャーはVIPです」との答え。
炎天下でスタミナの消耗を避けるためと理解はできるが、もう少し見苦しくない程度
にお願いしたい。

■高校生に大切なものとは

 スター選手が不在といわれながら、今大会にも好選手は多くいた。投手では球速140キロは当たり前。145キロ以上をマークしたのも、伊波翔悟(浦添商高)、
斎藤圭祐(千葉経済大付高)、鍵谷陽平(北海高)、中田廉(広陵高)、
斎藤英輔(青森山田高)、福島由登(大阪桐蔭高)と6人もいた。打者も史上初の
1イニング2本塁打を記録した坂口真規(智弁和歌山高)、大会新記録の個人1大会
15打点、大会タイの3試合連続本塁打を放った萩原圭悟(大阪桐蔭高)、
同じく3本塁打の筒香嘉智(横浜高)らをはじめ、上本崇司(広陵高)、
浅村栄斗(大阪桐蔭高)らセンスを感じさせる選手が多くいた。大会新記録の
60本塁打が生まれた一昨年から一転、昨年は低反発球が導入されて27本塁打と
激減したが、今大会は史上2位となる49本が記録された。バットが改良されたという
うわさもあるが、わずか1年で低反発球に対応してしまう技術の進歩は驚くべきこと。
それだけ、高校生の技術も、高校野球のレベルも上がっている。

 だが、そんな時代だからこそ、もう一度、基礎や基本を見直してほしい。
セカンド・町田友潤の超高校級の守備が目立った常葉菊川高は、ノックから内野手も
外野手も絶対に高い送球をせず、低い送球を徹底していた。ある高校のセンターは
強肩を披露しようと走者が走っていない本塁にダイレクト返球し、それがバックネットに
到達。やらないでいい点を与えた場面があったが、常葉菊川高ではほぼそういうことは
ありえない。深い位置でのゴロや三塁線のゴロはすべて一塁へワンバウンド送球して
いたサードの前田隆一は、「そこに来たら、ワンバウンドで投げると決めてますから」
と言っていた。ちなみに、倉敷商高戦では前田のワンバウンド送球をファーストの
上嶋健司が落球。エラーが記録されたが、
「あれはファーストが捕れない球じゃないです」と意にも介さなかった。
それぐらい徹底している。今大会は中継につながず、無理にダイレクト返球をしたが
ために打者走者やほかの走者に余計な塁を与えるシーンが目立った。
派手なプレーが目立つ常葉菊川高でも、基本的なことは決して怠っていないことを
忘れないでほしい。

 甲子園に出られない学校の中にも、素晴らしいチームはたくさんある。むしろ、
「あの学校が出るなら、あそこの学校に出てほしかったなぁ……」と思うことの方が多い
ほどだ。甲子園は全国からの代表校が集う場。代表である以上、恥ずかしくない行動
をするのは義務。もちろん、手を抜いたプレーは必要ない。
 ことしも数々の素晴らしい試合を見せてもらった。何度も感動させてもらった。
そんな高校生たちに感謝したい。
 でも、だからこそ――。高校生には、もう一度何が大切かを考えてほしい。
指導者の方々には、技術面以外のしっかりとした指導をお願いしたい。
そして、最後にひとこと。この言葉を全国の高校球児や指導者、すべての高校野球に
携わる方々に贈りたい。
『全力疾走 走る姿を見ればその人の心が分かる』

<了>

ギャグで約8分赤塚弔辞 タモリが明かす真相

8月19日20時25分配信 J-CASTニュース

 漫画家、赤塚不二夫さんの葬儀でタモリさんが読んだ弔辞は白紙だった。
タモリさんが元フジテレビ・プロデューサーの横澤彪さん(70)に明かした。

 赤塚さんの葬儀は2008年8月7日に行われた。タモリさんの弔辞は、約8分に渡る
長いものだったが、葬儀の映像などから手にした紙は白紙なのではないか、と
インターネットで話題になり、朝日新聞などが「手にしていたのは白紙?」などと報じて
いた。タモリさんの所属事務所も「ご想像にお任せします」としていた。

 横澤さんによると、赤塚さんの葬儀後ほどなく、タモリさんと元仕事仲間の通夜で
会った際、タモリさんに「白紙」問題の真相を質問した。タモリさんがいうには、
手にした紙は白紙だった。最初は紙に書こうと思っていたが、酒を飲んで帰ったために
面倒になり、「赤塚さんならギャグでいこう」と白紙で臨むことにした、という。

 タモリさんの弔辞は、「私もあなたの数多くの作品のひとつです」など思いのこもった
内容だとして注目され、テレビのワイドショーや各紙が報じた。文字起こししたものを
全文記載したスポーツ紙もあった。

 長い弔辞を白紙で読んだことがはっきりし、改めて「すごい」という声が挙がりそうだ。

2007年・・・
ダルが日本国籍取得明言、星野日本へ朗報
 日本とイランの国籍を持つ日本ハム・ダルビッシュ
有投手(21)が18日、日本国籍を選択することを
明言した。17日夜に父ファルサさんと札幌市内で話
し合いをし、「もともと、日本国籍を選択することは
決まっていましたから」と明言した。代表入りすれば、
08年北京五輪出場が可能になることから、星野ジャ
パンへ朗報になりそうだ。(日刊スポーツ)

東北楽天ゴールデンイーグルス
ヘッドライン
楽天が球団新48勝目=プロ野球・楽天-ソフトバンク

 楽天が球団新の48勝目。0-1の1回、山崎武の右中
間二塁打、フェルナンデスの中前打などで3点を奪い
逆転。5回にもリックの適時打で貴重な1点を追加。
ドミンゴは7回2失点で2勝目。ソフトバンクは制球難
の斉藤和が誤算。 (時事通信)

2006年・・・・
●全島エイサーまつり

田中 強力打線封じる 駒苫3連覇に王手
 第88回全国高校野球選手権大会第14日は19日、
甲子園球場で準決勝を行い、第1試合は73年ぶり史上
2校目の夏3連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)が、
智弁和歌山(和歌山)を7―4で下して20日の決勝へ
進んだ。
 序盤は互いに点を取り合う展開。駒大苫小牧は5回に
田中の適時打などで2点を挙げてリードを広げた。2回
途中からリリーフした田中は今大会8本塁打の智弁和歌
山から10三振を奪い、反撃をかわした。
 第2試合は鹿児島工(鹿児島)と早実(西東京)が対戦。
[スポニチアネックス 速報記事 ]

« 8月18日 | トップページ | 8月20日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月19日:

» 辺野古移設問題最終提言 [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
◆仲井間県知事、島袋名護市長に告ぐ◆不安定な天候続きの沖縄ですが甲子園での浦添商 [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 午後 10時04分

« 8月18日 | トップページ | 8月20日 »