« 10月8日 | トップページ | 10月10日 »

2008年10月 9日 (木)

10月9日

トラックの日 
全日本トラック協会(全ト協)が1992(平成4)年に制定。
「ト(10)ラック(9)」の語呂合せ。トラック運送事業に
ついて広く国民一般に理解と関心を深めてもらい、
トラック運送事業者の社会的地位を向上させる日。
熟の日 全国学習塾協会が1988(昭和63)年に制定。
「じゅ(10)く(9)」の語呂合せ。
道具の日東京・浅草の調理具の専門店街・かっぱ橋道具
街が制定。「どう(10)ぐ(9)」の語呂合せ。

1940年 ジョン・レノン (英:ミュージシャン
      (ビートルズ[解散]/ヴォーカル・ギター))
1943年 星野勘太郎 (プロレス)
1945年 水前寺清子 (歌手)
1950年 仲井戸麗市 (ミュージシャン
      (RCサクセション/ギター・ヴォーカル))
1952年 黒澤明監督の映画『生きる』が封切り
1962年 厚生省の「麻薬Gメン」が初出動
1969年 秋山準 (プロレス)
1972年 長野博 (タレント(V6,20thセンチュリー))
1973年 磯辺りえ (タレント)
1973年 夏川りみ(星美里) (歌手)
1975年 ショーン・レノン、ミュージシャン
      (ジョン・レノンの息子)
1979年 直井由文、ミュージシャン
      (BUMP OF CHICKEN)
1981年 フジテレビでドラマ『北の国から』が
      放送開始
1981年 高橋真麻 (アナウンサー(CXフジテレビ)
      高橋英樹の子)
1982年 映画『蒲田行進曲』が封切り
1983年 寺原隼人 (野球(ダイエー/投手))
1984年 柔道の山下泰裕選手に国民栄誉賞
1992年 巨人の監督に長嶋茂雄が再任することが
      決定。退団から12年ぶり
2000年 さいたま市にジョン・レノン・ミュージアム
      が開館
2199年 宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへ向け地球
      を発進(架空)

(今日は何の日 毎日が記念日 
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


2008年・・・

沖縄琉球学園・更新


123時間57本映画を見てギネスに挑戦

10月9日11時41分配信 VARIETY

123時間57本映画を見てギネスに挑戦

スーザン・サランドン

 映画の世界最長視聴記録が、123時間に更新された。

応援に駆けつけたスーザン・サランドンの写真はこちら

 米オンラインDVDレンタルのNetflixとギネス・ワールド・レコーズは、ギネス記録への
挑戦イベントを10月2日に開始。

 ニューヨークのタイムズスクエアに用意されたガラス張りの部屋で、ひたすら映画を
見続けるという競技で、スクリーンから目を離した時点でアウトとなる(映画の合間に、
10分間の休憩が許される)。

 『アイアンマン』を皮切りに次々と映画が上映されていき、72時間を経過した時点で
8人の挑戦者のうち6人がリタイア。

 残ったのは、カナダのSuresh JoachimとドイツのClaudia Wavraで、2人は57作品目と
なる最後の映画『テルマ&ルイーズ』まで見続けることに成功し、123時間ぶっ通しで
映画を視聴するというギネス記録を達成。『テルマ&ルイーズ』の上映に駆けつけた
主演女優スーザン・サランドンからも祝福された。



清涼飲料水に値上げの波? サントリー、10円アップ検討

10月9日8時5分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

清涼飲料水に値上げの波? サントリー、10円アップ検討

大阪市北区にあるサントリー本社ビル(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 清涼飲料業界2位のサントリーが清涼飲料水の値上げを検討していることが8日、
明らかになった。早ければ来春にも缶入りやペットボトルの飲料を10円程度値上げ
するとみられる。値上げに踏み切れば1998年3月以来、11年ぶりとなる。

  【写真で見る】 サントリーが発売する高級“スタバ”缶コーヒー

 サントリーは原材料高に加え、缶やペットボトルなど容器の高騰で、2008年12月期
に清涼飲料を含む食品事業で、前期に比べて70億円のコスト増を見込む。
来期はさらに酒類と食品の合計で100億円規模のコスト増を予想、コスト削減や
効率化で吸収するのは困難な状況だ。値上げに踏み切れば、現在、自動販売機で
120円で販売されている缶飲料が130円に、150円のペットボトル飲料が160円に
なる見通し。

 清涼飲料業界は、キリンビバレッジやアサヒ飲料、伊藤園など大手も値上げを検討
しており、業界2位のサントリーが値上げに踏み切ることで、追随して値上げする
可能性が高い。清涼飲料はミネラルウオーターや炭酸飲料を中心に売り上げが伸びて
いるが、「景気の先行き不安でコーヒーなど嗜好(しこう)品への影響が出る」
(アサヒ飲料の岡田正昭社長)と、消費の落ち込みも懸念されている。

カレーとシチューが入浴剤に フィギュア付き

10月9日8時39分配信 +D LifeStyle


カレーとシチューが入浴剤に フィギュア付き

入浴剤本体(左下)。12種類のフィギュア(中)。抽選で当たるナン型クッション(右)

 バンダイは、「カレーなる入浴剤」全4種を10月14日に発売する。カレーとシチューの“
ルウ”をイメージした入浴剤。カレー鍋やソースポットなどのフィギュア(全12種)も付いて
くる。価格は各280円。

【他の画像を含む記事】

 カレーには「甘口」「辛口」「大辛」の3種類を用意。配合成分や色は、カレーやシチューのイメージに合わせて選択している。例えば「甘口カレー風」には、トウガラシエキスの
ほか、甘口カレーの定番“リンゴとハチミツ”を配合。どちらも保湿成分という。

 一方の「辛口カレー風」には、リンゴやハチミツの代わりに甘口の5倍に相当する
トウガラシエキスを配合。もちろん「大辛カレー風」は20倍だ。

 お湯の色もカレーのイメージを踏襲しており、甘口カレー風は黄色で、辛口は赤、
大辛は黒といった具合。ただし、“香り”に関しては、ハチミツやハーブといった保守的
な香りを採用しているので安心だ。

 なおバンダイでは、商品パッケージに印刷されている応募マークを4点集めて応募
すると抽選で90人に「ナン型クッション」が当たるキャンペーンも実施する。


『20世紀少年』の浦沢直樹が新連載 独自のアメコミヒーロー描く


10月9日11時21分配信 オリコン


『20世紀少年』の浦沢直樹が新連載 独自のアメコミヒーロー描く

浦沢直樹が新連載が決定した『週刊モーニング』(10月9日発売号)

 『YAWARA!』『20世紀少年』で知られる漫画家・浦沢直樹が、10月16日(木)発売の
『週刊モーニング』(講談社)より新作『BILLY BAT』を連載することが9日(木)発売の
同誌で発表された。『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスピリッツ』など小学館の
漫画雑誌に連載を続けてきた浦沢が、今回初めて、講談社の『週刊モーニング』に
連載を持つことになる。

映画版『20世紀少年』も大ヒット! 舞台挨拶の模様

 浦沢の新作『BILLY BAT』は、詳細は明かされていないが、『ミッキーマウス』
『スパイダーマン』などのアメリカンヒーローを浦沢独自の視点で描いていくという。
『20世紀少年』や『PLUTO』と同じく、プロット共同制作には漫画編集者・長崎尚志の
名前がクレジットされており、漫画界に革新を与える1作となりそうだ。

 また、同誌では5号連続で注目の新連載がスタート。10月23日(木)から諸星大二郎
が83年から雑誌を渡り歩きながら執筆し、連載が中断状態になっていた
『西遊妖猿伝 西域編』の新章が連載開始。10月30日(木)からは『湘南爆走族』などの
吉田聡による一風変わった純愛コメディ『ケンとメリー』、11月6日(木)から、
『人間交差点』の原作者・矢島正雄と漫画家・Boichiのコンビで描く『ラキア』、11月13日(木)から『バタアシ金魚』『ドラゴンヘッド』の望月峯太郎の『東京怪童』がスタートする
など豪華漫画家による新作が続々登場する。


「ホームページは店舗だ」――マクドナルドが5年半ぶりのHP刷新に
込めた思い


10月9日8時51分配信 ITmediaエンタープライズ


「ホームページは店舗だ」――マクドナルドが5年半ぶりのHP刷新に込めた思い

第1コンテンツと第2コンテンツの表示

 企業のホームページは、その企業の活動や理念を映し出す鏡だ。更新頻度を上げ、
鮮度の高い情報をユーザーに出し続けることで、閲覧数は増え、顧客の囲い込みに
つなげることができる。

【他の画像を含む記事】

 日本マクドナルドのホームページは、月間5000万ページビュー(PV)を稼ぎ出す
一大サイトだ。日本ブランド戦略研究所が調べた「再訪したい企業Webサイト」で第3位
にランクインするなど、顧客からの支持も厚い。

 そんな中、同社は新たな機能やコンテンツを取り入れ、5年半ぶりにホームページを
刷新した。「PVの増加も考えたが、それ以上にマクドナルドという店舗の楽しさを伝える
ことを考え、コンテンツを埋もれないようにした」。ホームページの構築を率いた同社
ウェブコミュニケーション部の清水朋子統括マネジャーは、刷新の狙いをこう語った。

●クーポンに続くキラーコンテンツを生み出せ

 「クーポン以外のキラーコンテンツが無かった」

 清水氏は、刷新前のサイトの弱点を挙げた。「クーポン」「栄養・アレルギー情報」
「店舗情報」といった「機能的なコンテンツにユーザーのアクセスが集中し、
CSR(企業の社会的責任)や店舗で働くアルバイトの“クルー”などのページはあまり
見られなかった」(清水氏)。マクドナルドという企業の理念や従業員のマインドを顧客
に訴求しきれていなかった。

 刷新前のサイトは、Webサイトとして見やすいか、無数のコンテンツをいかに1つの
サイトにまとめるかといった「Webオペレーション寄りのデザイン」だったと清水氏は
振り返る。

 商品の紹介や企業情報などをメニューバーに並べた作りで、ユーザーはメニュー
から階層構造のリンクをたどり、コンテンツを探し出さなければならなかった。
そのため、「一番見て欲しい記事やページに到達するまでにユーザーが離脱する」
(清水氏)ことも起こっていた。

 こうした反省を生かし、ホームページ作りに必要な要素を練り直した。
「マクドナルドは店舗こそがビジネスそのもの」と考え、「ホームページもマクドナルド
の店舗である」というコンセプトを導き出した。

●LPOで最下層のコンテンツをトップページに

 ホームページで店舗や企業の理念をふんだんに伝える――同社は、その一手
として、Webサイトの構築にLPO(ランディングページ最適化)という技術を取り入れた。
これは目的のコンテンツや情報にアクセスしやすくするために、ユーザーが最初に
訪れるWebページに知りたい情報を配置するといったものだ。

 同サイトではLPOを駆使して、お勧めメニューを表示する「Today's McDonald's」や
商品へのこだわりを伝える「Made For You」など5つのコンセプトからなる
「第1コンテンツ」をトップページの中央に表示する。ユーザーがWebページにたどりつく
までの動線や時間帯、検索キーワードを自動的に分析して、ユーザーが求める
コンセプトを動的に表示する。

 右横のカラムには第1コンテンツと関連のある情報をまとめた「第2コンテンツ」という
バナーを6つ表示する。例えば、Made For Youの横には、ハンバーガー作りを体験
できるゲーム「ハンバーガーを作れ!」のバナーを表示する。第2コンテンツは、
従来トップページに配置していなかったコンテンツを数十種類そろえている。
朝と夜で表示する内容が変わるなど、顧客を飽きさせない巧みな仕掛けを取り入れた。

 LPOを導入することで、これまで最下層にあったコンテンツを動的にトップページに
表示できるようになった。「コンテンツをモジュールとして考え」(清水氏)、
埋もれるページを作らないようにした。

 今後は、LPOの効果測定やユーザーからの意見を集めて、どのコンセプトと
コンテンツが結びつくかを再考し、場合に応じてひも付けを変えるなど、改良を重ねて
いく構えだ。

●店舗と同じようにホームページを楽しむ仕掛け

 「店舗と同じようにホームページを楽しんでほしい」。そのために同社が導き出した
新たな答えは、コンテンツの拡充だった。

 今回、「マック スマイルファクトリー」という子どもやファミリー向けのコンテンツを新た
に作った。これは、指定のアドレスに顔写真を送信すると、マクドナルドの商品や
キャラクターをなぞらえた顔写真の待ち受け画面やブログパーツを入手できる
サービスだ。

 このコンテンツでは顔認識システムを採用している。写真に写った顔の表情に
応じて、待ち受け画面やブログパーツ、デコメールなど32種類のコンテンツを提供
する。

 Webサイト全体のデザイン面では、茶色と黄色を基調とした配色を採用した。
従来のサイトは白色がベースだったが、店舗に近い配色を施した。
ユーザーの感触も上々のようだ。

 マクドナルドは時間帯によってメニューや客の出入りなど、店舗の様子が変わる。またクーポンをダウンロードした携帯電話を店舗に持ってくるユーザーも多い。顧客のライフスタイルに密着したコンテンツを作り、“店舗に近い”サイトを設計することで、顧客満足
の向上につなげていく。

 企業がWebサイトを構築する場合、顧客を囲い込むために、あらゆる情報を掲載
する場合が多い。だが清水氏は「動的なコンテンツをやたらと組み込んだり、すべての
情報を載せようとして、“多くを語りすぎている”ホームページはユーザーには響かない」
と指摘する。

 インターネットや携帯電話で情報を探すことに慣れたユーザーは、こうしたページを
好まなくなっている。口コミやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などから、
ユーザーにとって必要な情報を造作なく手に入れられるからだ。

 「ホームページは、企業にとって何を意味するものかを考えることが重要」と清水氏は
強調する。今回の刷新では、ユーザーがホームページを見たときに「“マックっぽい”
とか“楽しい”と感じるかどうかを追求した」。

 「技術ドリブンのホームページは目指していないし、LPO(という技術)を顧客に感じて
もらう必要もない」と清水氏は言う。企業サイトには単に新しい機能を取り入れるだけで
なく、ホームページを見てくれる顧客を“ファン”にするために、“楽しさ(Fun)”を余すところなく提供することが必要になるといえそうだ。


2007年

ヤッターマン日テレで30年ぶり復活
10月9日7時3分配信 スポーツニッポン

「ブタもおだてりゃ木に登る」「おしおきだべぇ~」
などの流行語を生んだ70年代の人気アニメ
「ヤッターマン」が30年ぶりに復活する。来年1月から
日本テレビ系で月曜午後7時枠でスタート。09年春には
実写映画化も決まっており、ヤッターマンブームが到来し
そうだ。

 同作品は77年1月からフジテレビ系で放送。2人組の
正義の味方「ヤッターマン」が、泥棒の神様「ドクロベエ」
の指令を受けた悪党3人組「ドロンボー」一味と対決する
アクション作で、ギャグをちりばめた物語や個性あふれる
キャラが受け、平均視聴率20%を超える国民的アニメ
だった。「おしおきだべぇ~」などのフレーズは、リアル
タイムで見ていない世代にも親しまれている。

 現代版では、ドロンボーの女ボス「ドロンジョ」の脚が
長くなるなどマイナーチェンジはあるものの、オリジナル
の世界観は残したまま。毎回の物語に現代のブームや時事
ネタを盛り込み、ヤッターマンを知らない子供も取り込み
たい考えだ。

時津海が現役引退し師匠継承、時津風部屋の存続決まる
10月9日14時45分配信 読売新聞

大相撲の時津風部屋宿舎で序ノ口力士がけいこ中に急死
した問題で、元時津風親方(元小結双津竜・本名山本順一)
が解雇され、師匠が不在となっていた時津風部屋の存続が
9日、決定した。

 幕内時津海(33)が現役引退届を提出、年寄「時津風」
の襲名と部屋継承が日本相撲協会の理事会で承認された。

 騒動に揺れた名門部屋は消滅を免れ、新体制で再出発す
る。

 この問題では当初、時津風部屋を消滅させる案も検討さ
れたが、「名門部屋をなくすのは忍びない」という意見が
多く、存続の方向で調整していた。師匠が解雇される異例
の事態のため、相撲協会は9日午後4時までに、継承者を
届けるように、部屋の関係者に指示していた。時津海は、
時津風前理事長(元大関豊山)と同じ東農大出身。
西前頭7枚目の秋場所は、5勝10敗で負け越していた。

筑紫哲也さん、5か月ぶりの生出演で“がん克服宣言”
10月9日0時28分配信 読売新聞

TBS系の報道番組「筑紫哲也NEWS23」で、5月に
初期の肺がんであることを告白、休養していたキャスター
の筑紫哲也さん(72)が8日、同番組に5か月ぶりに
生出演し、「ほぼ、がんは撃退した」と“克服宣言”。

 今後のレギュラー出演については、「(毎日は)すぐに
は無理と思う」としながらも、「大事なニュースや節目
節目の時には、必ず出るという形でカムバックしたい」と
意欲を述べた。

 筑紫さんは血色も良く、休養前よりふっくらした印象。
「がんでも元気に生きているサンプルになれれば」と笑顔
で語った。

« 10月8日 | トップページ | 10月10日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月9日:

« 10月8日 | トップページ | 10月10日 »