« 10月6日 | トップページ | 10月8日 »

2008年10月 7日 (火)

10月7日

ミステリー記念日(日本)
1849年10月7日に推理小説の先駆者といわれるエドガー・
アラン・ポーが亡くなったことに由来。

スーツの日
1666年10月7日にイギリス国王チャールズ2世が衣服改革
を宣言したことに由来か。

1885年 - ニールス・ボーア、物理学者(+ 1962年)
1900年 - ハインリヒ・ヒムラー、ナチス親衛隊の
         指導者(+ 1945年)
1901年 - 村野四郎、詩人(+ 1975年)
1902年 - 宮地政司、天文学者(+ 1986年)
1922年 - 山本義正、著述家
1923年 - イルマ・グレーゼ、アウシュヴィッツおよび
     ベルゲン・ベルゼン強制収容所の看守
        (+ 1945年)
1931年 - デズモンド・ムピロ・ツツ、ケープ
         タウン大主教・ノーベル平和賞受賞者・
         人権活動家
1933年 - 羽佐間道夫、俳優、声優
1937年 - 室田日出男、俳優(+ 2002年)
1939年 - 小川真由美、女優
1941年 - 坂田利夫、コメディアン
1946年 - 荻島真一、俳優(+ 2004年)
1946年 - 諸星裕、桜美林大学副学長、ミネソタ州
         立大学特別功労教授
1947年 - 久田恵、作家
1947年 - 安田富男、騎手
1951年 - 川端義明、NHK元アナウンサー、沖縄放送局長
1951年 - 桐野夏生、小説家
1952年 - ウラジーミル・プーチン、ロシア大統領
1952年 - 三原順、漫画家(+ 1995年)
1953年 - ティコ・トーレス、ボン・ジョヴィのドラマー
1955年 - 金井たつお、漫画家
1955年 - ヨーヨー・マ、チェリスト
1958年 - 金指誠、毎日放送元アナウンサー
1960年 - 氷室京介、ミュージシャン(元BOØWY)
1961年 - 佐々木倫子、漫画家
1962年 - 我孫子武丸、推理作家
1962年 - 叶恭子、タレント
1965年 - 渡辺久美子、声優
1967年 - 愛河里花子、声優
1967年 - 青田典子、タレント・元C.C.ガールズ
1967年 - 阿部渉、NHKアナウンサー
1968年 - トム・ヨーク、ミュージシャン
        (Radioheadヴォーカル)
1969年 - 井上信治、自民党衆議院議員
1970年 - 和田孝志、元プロ野球選手
1973年 - 石田燿子、歌手
1973年 - サミ・ヒーピア、サッカー選手
1973年 - ヂーダ、サッカー選手
1975年 - 立川隆史、元プロ野球選手
1975年 - 森岡隆三、サッカー選手
1977年 - 若林史江、自称経済アドバイザー
1978年 - 木元邦之、プロ野球選手
1978年 - 三東洋、プロ野球選手(阪神タイガース)
1978年 - ファン・ランダエタ、ボクシング選手
1979年 - 椎名令恵、女優
1982年 - ユンディ・リー、ピアニスト
1984年 - 生田斗真、俳優、タレント(ジャニーズJr.)
1984年 - 加藤和樹、俳優、歌手
1984年 - グリコ・森永事件で青酸カリ入りの
           森永製品発見。
1985年 - 『ニュースステーション』スタート。
1985年 - 小嶋達也、プロ野球選手
1987年 - 松岡由紀、AKB48
1988年 - 澤田亜紀、フィギュアスケート選手
2007年 - イベント・10869


2008年・・・

沖縄琉球学園・更新

死因は肝がん 緒形拳さん、関係者らに口止めして闘病 直人さん
「仕事に意欲的で前向きな人」

10月7日16時56分配信 オリコン

死因は肝がん 緒形拳さん、関係者らに口止めして闘病 直人さん「仕事に意欲的で前向きな人」

(左から)緒形直人さんと幹太さん

 今月5日に死去した俳優・緒形拳さんの告別式が7日(火)都内で営まれ、長男の
緒形幹太さんと次男の緒形直人さんが報道陣に、肝がんが影響して肝臓が破裂、
出血したことが死因だったことを明かした。

津川雅彦、故・緒形拳さんの最期を綴る

 3日間「泣きじゃくりました」と憔悴しきった2人は、今月4日の夕方に拳さんが体調を
崩し翌5日に入院、手術を試みるも夜11時53分に帰らぬ人となってしまったことを
うつむきながら報道陣に報告。8年前に肝炎を患っていたことについて直人さんは
「仕事に意欲的で前向きな人。病気に打ち勝つという思いが強かったと思うが突然の
ことで……」とコメント。幹太さんも「仕事関係には(肝がんを)絶対に言うなと口止め
されていた」と下を向きながら話した。
オヤジ版「ポパイ」年内めど創刊 雑誌不況に挑戦

10月7日8時5分配信 産経新聞


 人気の若者向け雑誌「POPEYE(ポパイ)」を発行する大手出版社、マガジンハウスが、40、50代向けのポパイを12月上旬をめどに創刊することが6日、分かった。
その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」(A4変型判)。
ポパイで青春時代を楽しんだ世代を大人ではなく「大きな少年」ととらえ、ひと味違った
ファッションや音楽、グルメなどさまざまな情報を提供する。

 同社によると、新雑誌名には、日本で初めてジーンズをはいた男といわれる、
おしゃれで破天荒な実業家、白洲次郎氏の英国留学中のニックネームを借用した。
大好きな車の整備のため、いつも衣服がオイルまみれになっていたことに由来している。ポパイ初代編集長の木滑良久(きなめり・よしひさ)氏が名付けた。

 新雑誌のコンセプトは「みんな『大きな少年』になった」。創刊の昭和51年から32年
たち、創刊当時15歳だった読者は現在47歳。立派な大人だが、同誌では「大人という
のは社会が分類している年齢区分」と一喝。「男は大人になるのではなく、
大きな少年になる」と位置づける。

 創刊から100号までを手がけた名物編集者たちが中心となって手がける。
「『あれも入れよう、これもやろう』と気負いに満ち、興奮があふれていた」という当時の
編集部。「自分たちが面白いと思い、読みたい雑誌をつくりたい」(同社)。創刊の理由
はそこにある。

 インターネットの普及で活字媒体は苦境に立たされる中、同社では「活字文化本来の
使命を取り戻し、雑誌メディアの新たな可能性を追求する。対象読者は活字に対する
信頼と活字の美しさを知っている。また、高潔なる編集姿勢を堅持する」と自信を見せ
ている。

 人気雑誌の廃刊が相次ぐ中、往年の読者のハートを再びつかめるかが注目される。
発行部数は5万部の予定。予価980円。(岡田敏一)

« 10月6日 | トップページ | 10月8日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月7日:

» 義明とは違うあこがれ [義明とは違うあこがれ]
池袋や払方町なんかでは無理ですが、義明のように携帯用のものを用いている人も増えていますね。自分の場合は、テレビも新聞も無い生活 [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 午後 06時27分

» ベルゲン・ベルゼン強制収容所 Das KZ Bergen-Belsen und Anne Frank [ドイツ在住オヤジのつぶやき]
ある日ユダヤ人をテーマにウェブサーフィンしていたら、アンネ・フランクの墓碑がこの近くにあることを知った。アンネ・フランクの隠れ家がアムステルダムにあって今は博物館になっていることは有名だが、さすがに墓まで知っている人は多くは居まい。墓碑はベルゲン・ベルゼン強制収容所跡地内にあるらしい・・・... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 午後 08時48分

« 10月6日 | トップページ | 10月8日 »