« 世界DS選手権① | トップページ | 世界DS選手権② »

2008年12月31日 (水)

第50回日本レコード大賞』大賞はEXILE「Ti Amo」 最優秀新人賞はジェロ

12月30日23時2分配信 オリコン

『第50回日本レコード大賞』大賞はEXILE「Ti Amo」 最優秀新人賞はジェロ

『第50回日本レコード大賞』大賞を受賞したEXILE

 年末恒例の音楽賞『第50回日本レコード大賞』が30日(火)、東京・新国立劇場中
劇場で発表され、EXILEが「Ti Amo」で大賞を初受賞。最優秀新人賞には史上初の
黒人演歌歌手・ジェロが選ばれた。栄光のブロンズ像を手にしたボーカルのATSUSHI
は「小さい頃から観ていた番組で、このような賞をいただけるとは…夢に見ていた
ステージだった」と感慨深げに喜びをかみ締めた。

倖田來未、氷川きよしら授賞式の模様

 受賞のコメントを求められたEXILEのリーダー・HIROは「本当に光栄で嬉しく思います。これからも初心を忘れずに頑張っていきたいと思います」と真摯にスピーチ。
また所属レーベル・エイベックスの松浦勝人社長も「育ての親」として紹介され、壇上で
「いろんな歴史があって、その中で本当に辛い時期もあって…この素晴らしい賞を
いただけることを大変嬉しく思います」とメンバーと共に喜びを分かち合った。

 EXILEは昨年にも最優秀歌唱賞を受賞。2008年は“PERFECT YEAR”と位置づけ、
ベスト盤3枚発売、劇団EXILE公演、アニメ『エグザムライ』の発表、雑誌『月刊EXILE』
創刊、ドームツアー敢行の5つを公約として掲げ全て実現。明日31日にドームツアー
最終公演を札幌ドームで開催し、大みそか恒例の音楽特番『第59回NHK紅白歌合戦』
とTBS系『CDTVスペシャル年越しプレミアムライブ』に会場から生中継で出演する。

 大賞、最優秀新人賞のほか最優秀歌唱賞は演歌歌手・中村美津子が11年ぶり
2度目の受賞。また特別賞を“羞恥心とカシアス島田”らが受賞し、羞恥心がヒット曲
「羞恥心」を披露。羞恥心をプロデュースしたカシアス島田こと島田紳助は“DAIGO仕様”でビデオ出演し「本当にCDをたくさん買っていただきまして。バンバン売れちゃうもんだから、そちらにおられる(本業の)歌手の方が気分悪いだろうということで(羞恥心の)
活動を停止します」と辛口コメントを送った。

 また「おふくろさん」解禁となった森進一は、番組前半で「襟裳岬」(第16回レコード
大賞作品)を歌ったほか、中盤で故・川内康範さんが作詞し、紅白とレコ大の初出場曲
となった「花と蝶」の2曲を披露。「作品に託された先生の想いを改めて胸に刻みながら、心を込めて歌わせていただきたいと思います」と“歌唱禁止騒動”以降、初めて公の
場で川内作品を歌った。

 一夜限りの復活が事前に話題となっていた女性デュオ・Winkも9年ぶりに出演。
1989年の大賞曲「淋しい熱帯魚」を熱唱し、レコ大受賞について相田翔子が「年を
重ねるごとに重みを実感し大切にしています」と感想を語った。

 レコ大誕生から半世紀を迎えメモリアルイヤーとなった今年は、TBS系で同日夜
6時30分より約4時間半にわたって生中継。司会は13年連続となる堺正章と、女優の
上戸彩、松下奈緒が華を添えた。


・・・・を踏まえて。

去年から決まってた!? あの人も受賞の『日本レコード大賞』の怪
(日刊サイゾー - 12月28日 08:10)
日記を読む(69)日記を書く

 その出来レースっぷりが年末の風物詩となった「日本レコード大賞」。第50回を迎える
今年も、半世紀の集大成ともいえる茶番が繰り広げられている。
本サイトで既報の通り(記事参照)、大賞はEXILE、最優秀新人賞はジェロという
「規定路線」で決まりのようだ。
「EXILEの大賞は、昨年のレコ大前に決まっていたこと。レコ大に強い影響力を持って
きたコブクロをサポートするバーニングプロダクションと研音、EXILEが所属する
エイベックスの間で調整はついていたんです。昨年は大賞をコブクロに譲る代わりに、
今年はEXILEがもらうと。実績的にも、ほかにパッとする歌手がいないのだから、EXILEですんなり確定しました」(レコ大審査関係者)
 エイベックスには新人賞にも、9月にデビューしたばかりで、政治力で紅白歌合戦にも
押し込んだGIRL NEXT DOORがいるが、大賞との二冠はさすがに遠慮した模様。
最優秀新人賞はジェロに決まりだ。
「最近まで、青山テルマとの一騎打ちと見られていました。どちらもバーニング傘下
なので、要は同プロの一存で決まるのですが、結果はジェロになった。
12月頭にあった本番前の審査会で、テルマは新人賞ではなく、優秀作品賞に押し込ま
れました」(前出・関係者)
 このように特定の芸能プロの意向で各賞が決まっていくレコ大だが、建前上は、
スポーツ紙記者などによる投票で決まることになっている。だが、その記者のみならず、レコ大のほかのスタッフも、日頃の付き合いから、大手芸能プロの影響下にあるの
だから、公明正大な審査など望めるわけもない。
「今年の審査を見ていて、特にやりすぎだなと思ったのは、中村美津子の扱いです。
彼女は、バーニング傘下で、昨年から特に力を入れている。今年は彼女に
『最優秀歌唱賞』を獲らせたいというバーニングからの意向が働いた。そのため、
昨年の選出方法でいけば、大賞候補10~12曲の中から、最優秀歌唱賞を選ぶことに
なるのですが、今年は急遽変更して、大賞候補を絞り込む前の30曲を対象とした。
これは、大賞候補に選ぶほどのヒット曲はない中村に賞を獲らせるための措置。
結局、全26票中17票という圧倒的支持で受賞が決まったんですから、呆れてしまい
ますよ」(同)
 このように受賞者が先に決まっていて、それに合わせる形で選考方法を変えることも
日常茶飯事。芸能プロ側の要請を受けて、90~92年までレコ大が「ポップス・ロック部門」と「歌謡曲・演歌部門」に分かれていたことは、今となっては笑い草だ。
 年々、有名無実の度合いがひどくなっていくレコ大。第50回というキリのよさもあるし、
来年からは賞など設けず「音楽祭」形式にしても十分では? と思わずにいられない。
(編集部/「サイゾー」1月号より)

2008年度、全受賞作品は以下のとおり。

【日本レコード大賞】
「Ti Amo」EXILE

【最優秀新人賞】
ジェロ

【最優秀歌唱賞】
中村美律子

【優秀作品賞】
「愛のままで…」秋元順子
「アメあと」w-inds.
「江戸の手毬唄II」℃-ute
「ギリギリHERO」mihimaru GT
「玄海船歌」氷川きよし
「JUNGLE DANCE」谷村奈南
「そばにいるね」青山テルマ feat.SoulJa
「どうして君を好きになってしまったんだろう?」東方神起
「Moon Crying」倖田來未
「やぁ 無情」斉藤和義
「輪島朝市」水森かおり

【新人賞】
GIRL NEXT DOOR
キマグレン
桜井くみ子
福井 舞

【最優秀アルバム賞】
『BEST FICTION』安室奈美恵

【優秀アルバム賞】
『GAME』Perfume
『ビヨンド・スタンダード』上原ひろみ~HIROMI’S SONICBLOOM
『ヘイト船長とラヴ航海士』鈴木慶一 Produced by 曽我部恵一
『名作歌つづり』坂本冬美

【特別賞】
アグネス・チャン
『崖の上のポニョ』
サザンオールスターズ
羞恥心とカシアス島田

【作曲賞】
叶弦大:「女の旅路」中村美律子

【作詩賞】
御徒町凧:「生きてることが辛いなら」森山直太朗

【編曲賞】
服部隆之:アルバム『情継 こころをつぐ』より「東京キッド」「川の流れのように」さだまさし

【日本作曲家協会奨励賞】
北川大介

【企画賞】
『おきなわのホームソング その1~その4』
テイチクエンタテインメント/琉球放送

『歌鬼(Ga-Ki)~阿久 悠トリビュート~』
ユニバーサル ミュージック

DVD『The Coca-Cola TVCF Chronicles』
津森修二プロデューサー/エイベックス・エンタテインメント

『情継 こころをつぐ』
さだまさし/ユニバーサル ミュージック

『TIME CAPSULE』
水谷豊/エイベックス・エンタテインメント

『鉄道唱歌 全曲』
ボニージャックス/キングレコード

『Ballade』
布施 明/ユニバーサル ミュージック

『吉田 正 交響組曲《東京シンフォニー第1番~第7番》』
吉田喜代子プロデューサー/ビクター エンタテインメント

【功労賞】
石井好子 / 岡本敦郎 / こまどり姉妹 / 菅原洋一 / 鈴木道明 / 曽根史郎 / 前田憲男 / 三浦康照 / ミッキー・カーチス / 山下敬二郎

【特別功労賞】
小倉友昭 / 川内康範 / 木下龍太郎 / 佐伯 亮 / 日野てる子 / フランク永井

【特別顕彰】
船村 徹

« 世界DS選手権① | トップページ | 世界DS選手権② »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第50回日本レコード大賞』大賞はEXILE「Ti Amo」 最優秀新人賞はジェロ:

» ディズニーJCBカード [ディズニーJCBカード]
ディズニーJCBカードが2008年11月から募集が開始されました。ディズニー好きにはたまらないカードになりそうです。ディズニーJCBカードを持っていると、特典を受けられる場面が多いので、ファンにとっては嬉しいカードの誕生となりました。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 1日 (木) 午後 12時30分

« 世界DS選手権① | トップページ | 世界DS選手権② »