« 12月5日 | トップページ | 12月7日 »

2008年12月 6日 (土)

12月6日

姉の日
漫画家で姉妹型研究家の畑田国男さんが1992(平成4)年に提唱。
「妹の日」の3箇月後であることと、この日が祝日の聖ニコラウス
にまつわる三姉妹伝説から

音の日
日本オーディオ協会が1994(平成6)年に制定。1877年、エジソンが
自ら発明した蓄音機で音を録音・再生することに成功した。
オーディオや音楽文化・産業の一層の発展を図り、音について考
える日。

331年 -  ユリアヌス、ローマ皇帝、「背教者」(+ 363年)
1421年 - ヘンリー6世、イングランド国王(+ 1471年)
1778年 - ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック、
         化学者・物理学者(+ 1850年)
1877年 - トーマス・エジソンの蓄音機第1号稼働。
1890年 - 仁科芳雄、物理学者(+ 1951年)
1924年 - 鶴田浩二、俳優(+ 1987年)
1929年 - ニコラウス・アーノンクール、指揮者
1930年 - キダ・タロー、作曲家
1933年 - ヘンリク・ミコワイ・グレツキ、作曲家
1933年 - 鎮西清高、地質学者
1938年 - 浅田満、ハンナン会長
1940年 - 露木茂、ニュースキャスター・フリーアナウンサー
        (元・フジテレビアナウンサー・前アナウンス部部長)
1943年 - 車だん吉、タレント
1943年 - 星由里子、女優
1947年 - 冨松彰、宇宙物理学者
1948年 - ケケ・ロズベルグ、F1レーサー
1948年 - 菅義偉、衆議院議員
1950年 - 久石譲、作曲家
1956年 - 車田正美、漫画家
1956年 - ランディ・ローズ、ギタリスト(+ 1982年)
1959年 - 吉良知彦、ミュージシャン(ZABADAK)
1959年 - 岩田聡、任天堂第4代社長
1960年 - 勝谷誠彦、コラムニスト・写真家
1964年 - 林家たい平、落語家
1965年 - ホイラー・グレイシー、柔術家
1965年 - 水島努、アニメーション監督
1966年 - 中尾秀正、調教師
1966年 - 香取石松、漫画・アニメ『リングにかけろ』に登場
         するキャラクター
1968年 - 矢野輝弘、プロ野球選手(阪神タイガース)
1971年 - 高橋直純、ミュージシャン、声優
1971年 - アダム・ハイズデュ、元プロ野球選手
1972年 - リック・ショート、プロ野球選手
1975年 - 大原さやか、声優
1976年 - 満仲由紀子、声優
1977年 - 市川海老蔵11世、歌舞伎俳優
1979年 - 橋本義隆、プロ野球選手
1980年 - 保田圭、女性アイドル(元モーニング娘。)
1981年 - 辻隼、陸上競技選手(ヤクルト)
1981年 - 牛田成樹、プロ野球選手
1981年 - 佐藤賢、プロ野球選手
1982年 - アルベルト・コンタドール、自転車競技ロードレース選手
1984年 - 宇佐美友紀、女性アイドル(元AKB48)
1984年 - 岡田晃、陸上競技選手(元亜細亜大学。現高崎信用金庫)
1986年 - 冨岡真理央、女優
1988年 - 石井琴里、女性アイドル
1990年 - 林遣都、俳優

2007年・・・・

ベッカムの食べ残しがオークションで落札
12月6日11時56分配信 スポーツナビ
ベッカムマニアに限界はない。ニュージーランドのウェリントン
(ベッカムの所属するロサンゼルス・ギャラクシーは、地元チーム
のフェニックスとの親善試合のために訪れた)のファーストフード
店でイングランド代表MFベッカムが食べ残した食事がインター
ネットのオークションで出品された。

 オークションサイト『トレード・ミー』に出品されたのは、
半分になったコカコーラのボトル(入札額は2800ユーロ/約45万円)、
半分かじられたトウモロコシ(入札なし)、地面に落ちたポテト
(入札1.5ユーロ/約241円)。出品者によれば、商品は本物で、
DNA検査を経たものだそうだ。

(C)SPORT 

<プロ野球>あぁカープよ 栄光の赤ヘル、いずこ 「鍛え、育てる」
貫いて

12月6日15時24分配信 毎日新聞

◇相次ぐ主力流出/10年連続Bクラス/FA見越し「備え」を

プロ野球・広島カープが低迷している。ペナントレースでは10年連続
Bクラスに沈み、今シーズンオフには、黒田博樹投手(32)と
新井貴浩内野手(30)がフリーエージェント(FA)宣言するなど、
主力選手の流出も続く。栄光の赤ヘル軍団、どうしてしまったのか?
【遠藤拓、田中義宏】   

 カープは昔から、若手を徹底して鍛えて育て、戦ってきた。現役時代
に「鉄人」と呼ばれ、黄金期を支えた解説者、衣笠祥雄さん(60)も
その一人だ。

 「さみしいですね。そんなに魅力のないチームなのか。2人に共通する
のは『優勝したい』との思いです。きっと物足りなかったのでしょう」

 世の中は転職が当たり前になり、野球選手全体の意識も変わった。
「私が選手のころは、滅私奉公の精神が生きていた。先輩に一つの球団を
貫く美学を説かれた。現役のころFAがあったら? 想像できません」。
そして、長引く低迷について「新人補強がうまくいかなかったり、選手が
故障したりと、フロントにとって計算違いが続き過ぎている」と分析する。

 広島市出身のタレント、風見しんごさん(45)は子供のころからの
カープファン。最初は選手の流出が嫌で仕方なかった。
「でも、こうも続くと、逆に(FAで阪神に行った)金本(知憲)選手
のように活躍してほしいと思いますね」

 風見さんは今年1月、交通事故で10歳の長女えみるちゃんを失った。
えみるちゃんも大のカープファン。選手会は風見さんに選手全員のサイン
を入れた黒田選手のユニホームを贈り、今季で引退した
佐々岡真司投手(40)も自分のことのように心配してくれたと言う。

 「応援する選手から逆に励まされたのはもちろん初めて。だからカープ
は、何があっても『おらの球団』なんです」

   *

 93年秋から始まったFA制度は一定条件を満たした選手が、希望
球団に自分の意思で移籍できる権利のこと。元監督の
古葉竹識さん(71)は、野球選手にとりメリットのある制度と評価
するが、カープに及ぼした影響は顕著だと考える。

 「金本は阪神であれだけ働き、若手を引っ張っている。
(同じ阪神に行く)新井も金本を見て育った。FAで外に出る人にはそれ
だけ力がある。失えば、戦力に影響するのは当然です」

 一方、同じ広島を本拠地とするマツダは96年に米フォード・モーター
傘下となり、順調に業績を回復している。マツダOBで、
「広島にカープはいらないのか」などの著書がある広島国際学院大の
迫勝則教授(マーケティング論)はこう言う。

 「カープは監督に外国人を招いた点でマツダと似ているが、経営は
日本型。結果は好対照です。でも欧米張りに金を使えばカープは他チーム
と同じになり、ファンも素直に喜べない。松田元オーナーが言う
『鍛えて戦って勝つ』を貫いてほしい」

 確かに、金のないカープが実力で金満球団をやりこめたら、ファンでな
くとも胸のすく思いがするだろう。では、カープはどうすればいいのか?

 衣笠さんは「難しいが、選手が(FAで)出る時期を見越し、それに
備えたチーム作りをするしかない。才能豊かな子を、長期的計画に立って
育てる。米大リーグにも、限られた予算で勝つチームはあります」と指摘
する。

 古葉さん率いるカープがセ・リーグで初優勝したのは75年。前年まで
3年連続で最下位にあえいでいた。風見さんはそのころを思い出す。
「『太陽が西から昇っても優勝できない』と言われたが、厳しい練習で
選手を育てて乗り切った。今のチームも歯を食いしばって努力すれば、
優勝できるはずです」

 戦いは、すでに始まっている。

ガキ使、2年連続で“笑ってはいけない”大晦日 史上初の5人罰ゲーム
12月6日6時30分配信 オリコン

ダウンタウン、山崎邦正、ココリコが5日(水)、都内で行われた
『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の
大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない病院24時』の会見に
出席。昨年に続き、2年連続で生放送ではなく録画映像での年越しに
浜田雅功は「おかしいでしょ。VTRって!」と鋭いつっ込みを入れた。

ガキ使メンバーソロショット

 会見では松本人志が「できれば紅白に出たかった」。山崎邦正は
「笑いは医者から止められてる」。浜田の「ナース姿はみんな可愛らし
いですよ」という適当コメントなどがひっきり無しに続き、終始爆笑
の嵐。

 昨年は無かった、年越しの特別演出があるかについて浜田は
「全くないと思う。(カウントダウンの)時間も表示されてないと
思う。おかしいでしょ。(年越しが)VTRって!」と番組に対しつっ
込みを入れた。また、松本が「億レベル」と言った制作費についても
浜田は「そこまでやってほしいとは言ってない」と愚痴をぶちまけた。

 今回のスペシャルは、『笑ってはいけない』シリーズの病院版で、
カメラ台数が約150台、ゲストは番組史上最多となる約60組が登場。
初の5人全員での罰ゲームにも注目で、ピンクのナース服に身を包んだ
彼らを数々の刺客や仕掛けが襲う。12月31日(月)夜9時から
深夜0時20分まで放送。

星野J、球界相関図塗り替えた!!…絆の化学反応
2007年12月6日(木) 17時1分 夕刊フジ

影響力を強めた星野監督を筆頭に、球界相関図は大きく変わった

 北京五輪アジア予選で3連勝を飾り、来年8月の五輪出場権を
獲得した星野ジャパン。10月30日の神戸合宿スタート以来、
1カ月あまり一丸となったことによって、球界相関図に大きな変化
をもたらした。とりわけ中日勢をめぐっては、五輪本番とペナント
レースが衝突する来季へ向け、日本代表・星野仙一監督と、中日・
落合博満監督との思惑が複雑に交錯している。

 激戦を乗り切った星野監督は、球界への影響力を間違いなく強めた。

 過去に星野監督とほとんど面識のなかった日本ハム・稲葉でさえ、
「『なんとかして監督を男にしたい』という気持ちになりましたよ。
実は10月中旬、クライマックスシリーズ(CS)が行われていた
ころに、星野監督から『君の力が必要だ』というお手紙を頂いて感激
しました。そんなことは初めてでしたから」と明かす。

 代表候補選手が34人に絞り込まれた段階で、星野監督は全選手に
手紙を送ったという。細かい心遣いが、星野流人心掌握術の秘訣
(ひけつ)なのだろう。

 一方、“子飼い”の中日勢には、過酷な任務を課した。韓国戦では、
1点リードの8回無死二塁の場面で、前日に左ふくらはぎへ死球を受
け満足に走れない状態の井端を代打に送り、絶対に失敗できない送り
バントを命じた。体調不十分の川上にはピンチでの中継ぎ登板、岩瀬
には2回1/3のロングリリーフを強いた。このすべてが成功し、
難敵を退けたのだ。

 とはいえ、中日・落合監督にとっては、来季絶対に欠かせない戦力。
星野監督の鬼采配(さいはい)をどんな思いで見ていたのか-察する
にあまりある。

 しかも、来年の北京五輪期間中もペナントレースは中断されない。
北京五輪本番の準決勝、決勝が行われる8月22、23日こそ公式戦
は組まれていないが、それ以外は並行してペナントレースが展開され
る。アジア予選では中日、ロッテ勢が5選手ずつで“最大派閥”を
構成。来季は、多数の選手を供出する球団ほど、ペナントレースが
不利になる。

 星野監督は就任の条件として、球団の枠にとらわれず自由に選考
できる確約を取っている。一方で、「現場が(選手の供出を)嫌が
るのは当然」とも。

 ちなみに、アジア予選の中日勢5人は、全員が中日・星野監督時代
にプロ入り。「みんな、おれが入団会見をやった子だから…」と闘将
は目を細める。

 しかし、「岩瀬、川上はともかく、森野は落合監督が自ら2時間半
ぶっ続けでノックの雨を降らせて鍛え上げた“落合チルドレン”です
よ。荒木、井端が“あらいば”コンビとしてブレークしたのも、落合
監督の指導があってこそ。就任当初から鉄拳制裁を否定し、アンチ
星野の立場をとってきた落合監督は、胸中複雑でしょう」
(東海地区テレビ局関係者)との指摘も。人間関係が複雑に絡み合っ
ている。

 アジア予選期間中、選手間でも、興味深い相関図再編がうかがえた。

 日本ハム・ダルビッシュと西武・涌井の21歳コンビの固い絆は
既に有名。その2人が、ソフトバンクの川崎になつき、食事をとも
にする姿が何度も見られるようになった。川崎は「あいつら、僕のこ
とをなめています。日の丸魂を注入? いいえ、逆に僕の方がたたき
込まれていますよ」と苦笑い。

 その川崎は一方で、昨年のWBCでヤクルトの青木、ロッテの
TSUYOSHIとともにイチローの薫陶を受けた。イチチル
(イチロー・チルドレン)と呼ばれる3人はこれまた仲が良い。

 阪神・藤川とロッテ・成瀬も親密度を高めたようだ。2日の韓国戦
に先発した成瀬は、前夜日付が変わるまで藤川と楽しげにホテル内の
レストランで食事をしていて、これを目撃した報道陣が
「この様子では、明日の成瀬先発はない」と考えたほどだ。

 キャプテンの大役を果たしたヤクルト・宮本、投手キャプテンを
務めた巨人・上原も、野球人として一目置かれる存在になった。

 球団の枠を超えて一流選手が一堂に会したことによって、
“化学反応”が起きつつある。北京での「金」奪取へどんな流れが
生まれるのか、目が離せない。

« 12月5日 | トップページ | 12月7日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日:

» FX初心者入門 [FX初心者入門]
fxとは [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 午前 01時50分

« 12月5日 | トップページ | 12月7日 »