« 12月14日 | トップページ | 12月16日 »

2008年12月15日 (月)

12月15日

年賀郵便特別扱い開始
12月15日から12月25日までの間に年賀状を投函すると、翌年の1月1日
に配達される。

37年 -   ネロ、ローマ皇帝(+ 68年)
1242年  (仁治3年11月22日) - 宗尊親王、鎌倉幕府第6代将軍、
            初の皇族将軍(+ 1274年)
1584年 - ジョン・セルデン、歴史家・中東学者・政治家(+ 1654年)
1802年 - ヤノーシュ・ボヤイ、数学者(+ 1860年)
1832年 - ギュスターヴ・エッフェル、建築家(+ 1923年)
1841年  (天保12年11月3日) - 田中正造、政治家(+ 1913年)
1852年 - アンリ・ベクレル、物理学者(+ 1908年)
1859年 - ルドヴィコ・ザメンホフ、眼科医・エスペラント創案者(+ 1917年)
1887年 - 宮沢胤勇、政治家(+ 1966年)
1903年 - 玉錦三右エ門、大相撲第32代横綱(+ 1938年)
1913年 - 伊東正義、政治家(+ 1994年)
1916年 - モーリス・ウィルキンス、生物物理学者(+ 2004年)
1918年 - いわさきちひろ、画家(+ 1974年)
1922年 - 大下弘、元プロ野球選手・監督(+1979年)
1929年 - バリー・ハリス、ジャズピアノ奏者
1931年 - 谷川俊太郎、詩人
1932年 - エドナ・オブライエン、小説家
1934年 - 菊田幸一、刑事法学者
1934年 - カーティス・フラー、ジャズトロンボーン奏者
1936年 - エディ・パルミエリ、音楽家
1936年 - 桑原たけし、声優
1940年 - 細川俊之、俳優
1944年 - ヨーロッパへ慰問演奏に飛び立ったミュージシャンのグレン・ミラー
            が乗った飛行機が行方不明に。12月18日に戦死と発表。
1947年 - 立松和平、作家
1949年 - 広島東洋カープがセ・リーグに加盟。
1951年 - ドン・ジョンソン、俳優・監督
1952年 - カサンドラ・ハリス、俳優・ボンドガール(+ 1991年)
1957年 - チョー、俳優・声優
1958年 - 桜井弘明、アニメ監督
1958年 - 高橋がなり、AV監督、ソフト・オン・デマンド代表取締役
1959年 - 第1回日本レコード大賞が開催され、水原弘の『黒い花びら』
             が大賞を受賞。
1960年 - ダニー馬場、歌手
1962年 - 小栗克裕、作曲家
1964年 - 高橋克典、俳優
1966年 - チョコボール向井、AV男優
1967年 - 亀井希生、MBSアナウンサー
1967年 - 茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、ミュージシャン
1970年 - ランフランコ・デットーリ、騎手
1971年 - 茂森あゆみ、歌手・17代目うたのおねえさん
1972年 - スチュアート・タウンゼント、俳優
1975年 - 池澤春菜、声優
1977年 - 木村啓介、俳優
1981年 - 成瀬美穂、AV女優・ストリッパー
1983年 - 深田あき、女優
1988年 - ダース・ローマシュ匡、プロ野球選手
             (北海道日本ハムファイターズ所属)
1989年 - 平田薫、グラビアアイドル・女優
1991年 - 下垣真香、アイドル
1995年 - 俳優の唐沢寿明と山口智子が結婚。
2003年 - 水戸黄門 (テレビドラマ)が放送1000回を達成。
( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

ニコニコ動画、「過去3回潰れそうになっていた」

12月15日12時50分配信 MarkeZine

 ニコニコ動画の情報を伝える「ニコニコニュース」に、「ニコ動2年間での最大の危機と
謝辞」というタイトルで、ニコニコ普及委員会がメッセージを寄せた。膨大な量の
動画データとコメント字幕を共有するサービスとしてサーバーなどの運営コストが
膨らみ、十分な収益源が見つからないまま、ついに2年目を迎えたニコニコ動画。

 ニコニコ普及委員会は「われわれ運営は潰すつもりも潰れるともほとんど思って
いなかったのですが、正直、ちょっとやばいかな、と思っていた時期が3回ほど
ありました」として、2周年を機にその過去について語っている。

 3回の危機のうち1回目は、「ニコニコ動画(仮)」の時代。2回目はニコニコ動画からYouTubeにアクセスできなくなった2007年2月から4月にかけて。そして3回目の危機は、2007年7月から10月にかけての「ニコニコ動画(RC)」の時代に本当になくなるかも
しれない大危機に直面していたという。

 それは、「複数の団体・企業がニコニコ動画を訴訟する直前までいっていた」という
事情によるもので、「もしあの時点で訴訟されていたら、ニコニコ動画は、まず持ちま
せんでした」と語っている。その詳細は明らかにされていないが、現在、訴訟はひとつも
ないとして、危機を救ってくれた恩人に、エイベックスの松浦社長、JASRACの
菅原常務理事の名前を挙げている。

 ネットではいろいろと攻撃されることの多い2人だが、ニコニコ動画が潰されずに
いまあるのはこの2人のおかげだと感謝するとともに、2人以外にも多くのひとが
ニコニコ動画の味方になってくれたとして、各界からの応援や支持に対して感謝の
言葉をささげている。



『篤姫』最終回視聴率28.7%、全50回20%超え

12月15日10時1分配信 オリコン

『篤姫』最終回視聴率28.7%、全50回20%超え

49歳の篤姫を演じきり、クランクアップで感無量の宮崎あおい[08年9月撮影]

 NHK大河ドラマ『篤姫』が14日に最終回を迎え、その視聴率がビデオリサーチの
調べで28.7%(関東地区・番組平均)だったことが15日(月)、わかった。
これで第1回から最終第50回まですべて20%以上を記録したことになる。

これまでの『篤姫』視聴率推移表

 同作は、新進気鋭の女優・宮崎あおいの主演で放送開始当初より注目され、
放送回数を重ねるごとに人気も上昇。9月にはそんな視聴者からの希望に答え
大河ドラマでは異例ともいえる第1回からの集中アンコール放送を実施した。
最終回は70分の放送。若手女優が49歳までの篤姫を演じきった。

 なお、放送期間中の最高視聴率は、11月30日放送の29.2%。また、初回から
最終回までの期間平均視聴率としては24.5%となり、1997年放送の『毛利元就』の
23.4%を超えて、過去10年で最高記録となった。


深刻テレビ不況の余波 TBSが昼ドラ枠全廃の裏事情

09年4月より、TBSは、昼間4時間ブチ抜きの報道ワイド番組をスタートさせるという。
それにともない、午後1時台の昼ドラも終了してしまうというのである。

 TBSの昼ドラ枠は、1時からの「愛の劇場」と1時半からの「ひるドラ」(旧ドラマ30)で
構成され、なかでも「愛の劇場」は、40年の歴史をもつ枠。2つの枠には、
『キッズ・ウォー』や『いのちの現場から』『天までとどけ』『温泉へ行こう』『ぽっかぽか』
など、人気シリーズも多いのだが、それが幕をおろす。

 根強い昼ドラファンも多く、終了を惜しむ声も多いが、老舗の看板までおろすほどの
決断の理由は、何だろうか。最近の、加勢大周の大麻事件での逮捕によってドラマが
打ち切りになったことも、影響しているのだろうか。ある放送作家はこうみている。

「一番の大きな理由は、経費節減ということにつきると思います」

 数年前にこの「愛の劇場」枠が、かつての花王一社提供から、複数社提供に変わった
ことなどに象徴されるように、スポンサー収益を見込むことが厳しい現状というのがまず
ある。

「いくら人気があるといっても、視聴率のマックスは、どうしても見込めない時間帯
ですよね。経費節減しても、ドラマはそれなりにお金かかってしまいますからね」

 そこで、スタジオ生番組ということになるわけだ。

「セットも毎日そのまま使えますし、生でスタジオでやる情報・報道番組は、経費の意味
では楽なんです」

 TBSにはさらに、夜の7時台も同様の大型報道番組に切り替える方向だという。
前出の作家は言う。

「TBSは、『フレンドパーク』や『ぴったんこカンカン』など、7時台の強い番組も持って
るんですけどね。こういった番組いくつかは、別枠に移動でしょう。ただ、かつては7時
からが"ゴールデン"と言われてましたが、今の7時台って、かつての時代ほど視聴者が
揃ってテレビを見ている時間帯ではないみたいなんです」

 クイズやお笑いなどのバラエティやドラマは、8時以降からでいいということか。
とはいえ、かなり大胆な改革ではあるが、

「TBSは『報道のTBS』という言葉があるように、昔から社風として報道が一番、という
空気があるんですね。社内的に報道が一番強くて、政治力もある。だから、
枠を持ってっちゃうということは、あると思います。筑紫哲也さんが亡くなったことも
影響して、新たな報道の看板を作らないといけないというのもありそうです」

 それにしても、「ひるドラ」枠は、大阪の毎日放送と、名古屋のCBCが交替で制作
するというローカル枠でもあるわけだが、人気シリーズの続編も、もう見られなくなって
しまうのだろうか。両局にたずねてみた。

「枠がどうなっていくのか、まだ未定で、現段階ではまだ、お答えできることは
ありません」(毎日放送)

「終了するということ自体は、TBSさんが決めたことですから。枠が無くなるという事実は、確かとしかいえません。ただ、CBCがドラマ制作をしなくなるということではありませんので、何かの形でお届けできることを検討していきたいです」(CBC)

 TBSは、「ドラマのTBS」とも呼ばれていたはずだが、地方と東京、報道と制作といった
力関係もどこか感じられる改革だ。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

« 12月14日 | トップページ | 12月16日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月15日:

» 平田薫 消防 [YourFileHostエロ動画で抜く!]
■やじうまプラス ■日出高校軽音楽部 ■平田薫 ■12月15日 ■2008/12/15(月)の気まぐれ日記 ■「2009年1月期連続ドラマ」の話 ■[MOVIE][REPORT] 「赤い糸」初日 ■[MOVIE][IDOL]柳沢なな @ うん、何 ■映画 うん、何? ■アヒルと鴨のコインロッカー ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 午前 05時37分

« 12月14日 | トップページ | 12月16日 »