« 12月21日 | トップページ | 12月23日 »

2008年12月22日 (月)

12月22日

1546年(天文15年11月29日) - 黒田孝高、戦国武将(+ 1604年)
1639年 - ラシーヌ、劇作家(+ 1699年) ※12月22日は洗礼日で、
         誕生は12月21日であるとも
1764年 ( 明和元年11月30日) - 高橋至時、天文学者(+ 1804年)
1847年  (弘化4年11月15日) - 大槻文彦、国語学者(+ 1928年)
1856年 - フランク・ケロッグ、政治家(+ 1937年)
1858年 - ジャコモ・プッチーニ、作曲家(+ 1924年)
1883年 - エドガー・ヴァレーズ、作曲家(+ 1965年)
1887年 - シュリニヴァーサ・ラマヌジャン、数学者(+ 1920年)
1917年 - 矢野幸夫、元調教師・馬の整体師
1926年 - ジョージ・ロイ・ヒル、映画監督
1930年 - 渡辺謙太郎、アナウンサー(+ 2006年)
1936年 - ヘクター・エリゾンド、俳優
1943年 - トム・ハーリック、格闘技トレーナー
1946年 - 山崎裕之、元プロ野球選手
1947年 - 塚原光男、体操選手
1953年 - 榊原広子、歌手(ダ・カーポ)
1954年 - 李英和、朝鮮民主主義人民共和国研究者
1954年 - 初のプロレス日本選手権開催。力道山が木村政彦を破り優勝。
1956年 - 村上弘明、俳優
1963年 - ルナ・H・ミタニ、画家
1964年 - 江原啓之、スピリチュアルカウンセラー
1964年 - 高知東生、俳優
1964年 - 中野英雄、俳優
1964年 - イワシタシゲユキ、漫画家
1965年 - さとうふみや、漫画家
1966年 - 国生さゆり、女優・元おニャン子クラブ
1966年 - 森田まさのり、漫画家
1967年 - 河田雄祐、元プロ野球選手
1968年 - 飯尾和樹、お笑い芸人(ずん)
1968年 - ディナ・メイヤー、女優
1970年 - 白島靖代、女)
1978年 - 松本素生、ミュージシャン(GOING UNDER GROUND)
1979年 - 羽生直剛、サッカー選手
1979年 - 伊藤里奈、アナウンサー
1981年 - 安めぐみ、タレント・グラビアアイドル
1983年 - 鹿野優以、声優
1983年 - 則島奈々美、レースクイーン
1983年 - 森豪士、ファッションモデル
1985年 - 岡﨑隼人、小説家
1986年 - 古賀美智子、グラビアアイドル
1987年 - 足立理、元俳優
1989年 - 金子智美、AKB48
2006年 - 改正教育基本法の公布。
( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

Webページにベーコン画像を貼り付けられる「Bacolicio.us」

12月22日17時1分配信 ITmediaニュース

Webページにベーコン画像を貼り付けられる「Bacolicio.us」

ブログにも貼ってみました

 焼いたベーコンの画像をWebページに貼り付けられるという「Bacolicio.us」という
サービスがある。

【他の画像を含む記事】

 「http://bacolicio.us/」の後にページのURLを続けてWebブラウザのアドレスバーに
入力するだけでOK。例えばITmedia Newsなら「http://bacolicio.us/http://www.itmedia.co.jp/news/」にアクセスすれば、おいしそうな
ベーコンの画像入りITmedia Newsのトップページが完成する。

 開発者のChris Scottさんが作った、自称「Silly」(ばかばかしい)なサービス。なぜ、
何のためにサイトにベーコンを……? なんて尋ねるのは野暮というもの。
さあ、君のサイトにもベーコンを貼り付けてみないか。



紳助&松本「M1やめよう話」も

結成10年以内の漫才コンビ日本一を決める『M-1グランプリ2008』王者に輝いた
NON STYLEが21日(日)、生中継した東京・六本木のテレビ朝日で優勝会見を行った。
優勝賞金1000万円の使い道について石田明は「借金が残ってるので、それに(充てたい)。全部返済するにはあと5回くらい優勝しないといけない」との生々しい報告で、
大会委員長の島田紳助を驚かせた。

死闘を繰り広げた全9組が勢ぞろい

 2000年5月にコンビ結成後、NSCに所属せずストリートライブなどで実力をつけ、
関西で賞レース6冠を獲得してきたNON STYLEが、結成8年目にして大輪の花を咲か
せた。井上裕介は「キングコングとかダイアンとか、横並びの同期に勝てたのが嬉しい」
と本音を明かし、石田も「去年までの漫才(スタイル)を捨てて結果出せたのが嬉しい」
と喜びを爆発させた。

 そんな2人だが、優勝賞金の使い道を問われると切迫した私生活を告白。借金返済
の石田は「東京に行くのは相方が勝手に決めたことだったので、そのために借金した
のが残ってる。あと、家の借金や親の保証人にもなったので」と苦笑い。
一方、井上も「2006年に実はCDを作って、まだ余ってるので、回収(費に)したい」と
コンビ揃ってまずはマイナス分を埋めることが先決のようだ。

 また総評を求められた紳助は、本番中に発した「もう(『M-1を』)やめようと思った」
発言の真意を聞かれ「クオリティが落ちたら、松本(人志)と『もう2回やったらちょうど
10回だし、やめようか』と話してた」と説明。「でも、今回レベルが高かった」と考えを
改めた様子で、NON STYLEには「(審査員の)上沼(恵美子)さんの言うとおりフリー
トークは無理。よその番組(でのトーク)を見てから、(自分の番組で)使います」と辛らつ
エールを贈った。

 過去のグランプリ受賞者の活躍が証明するように、一夜にして知名度と“単価”が
あがるM-1バブルは健在。今後のNON STYLEに石田は「トークメインでやりたい」と
苦手克服を課題に挙げ、井上も「おしゃべりを頑張りつつ、ゆくゆくは司会とかできる
ようにしたい」と芸人の出世コースを目指すことを誓っていた。

【お笑い評論家・ラリー遠田の「M-1グランプリ2008」評】「手数」と
「スピード」の時代


 NON STYLEが優勝した理由現代の漫才は、「M-1グランプリ」の歴史とともに急激に
進化を遂げてきた。そして2008年の今、漫才を演じる上で無視することのできない2つ
の大きな流れがある。それは、「手数重視」と「スピード勝負」だ。

 「手数重視」とは、要するに「ボケの数が多い漫才が有利」ということ。4分という短い
ネタ時間の中に笑いどころを極限まで多く詰め込む、というのは最近のM-1で勝ち抜く
ための基本戦略となりつつある。

 例えば、昨年の王者であるサンドウィッチマンが、漫才の冒頭で即座にネタに入って
いたのも、余分な間を空けずにボケの数を増やすための工夫だったのである。

 そして今、「手数重視」の現代漫才の象徴とも言える存在が、今回のM-1で優勝候補
の筆頭と言われたナイツである。ナイツが今年のM-1決勝の1本目で披露したネタでは、たった4分の間に33回ものボケが詰め込まれていた。ツッコミで笑いを取る箇所も含め
ると、実際の笑いどころはさらに多い。これは恐らく、4分の漫才に入りきるボケの回数
のほぼ限界に近い数字だ。短い時間にボケをぎっしり詰めた密度の濃い漫才を披露
してこそ、M-1で優勝を争えるようになるのである。

 もう1つの「スピード勝負」とは、単純に言えば、スピード感のあるネタが高く評価され
やすい、ということだ。もちろん、本来ならテンポが速いか遅いかだけで漫才に優劣を
つけることはできない。ただ、緊張感で張り詰めた独特の雰囲気のもとで行われるM-1
決勝で結果を残すためには、ある程度速いテンポの漫才で客席の空気をつかむことは
不可欠になっている。おぎやはぎやPOISON GIRL BANDのゆったりした漫才では、
今のM-1を制するのは難しい。

 もちろん、これは単に早口でネタを進めればいいという意味ではない。1つ1つのボケ
が弱いと、速いテンポはむしろ逆効果になる。個々のボケを確実に決めながら話を
進めて、「次々にぐいぐい来るなあ」というスピード感を印象づけることが重要なのだ。

 この「手数重視」と「スピード勝負」という現代漫才の2つの潮流から考えると、今年の
M-1を制したNON STYLEの歴史的な意義が明らかになる。すなわち、NON STYLE
とは、これら2つの要素を高い水準で満たしていた唯一無二の漫才師だったのである。

 NON STYLEが決勝の1本目で披露したネタでは、ボケの回数がなんと51回。
手数では並ぶものはないと思われていたナイツをも上回っているのである。

 また、NON STYLEはスピード感という面でも決勝9組の中で群を抜いた存在だった。
M-1決勝という大舞台でも、あの超高速漫才に全くぶれがない。他の決勝進出者に
それぞれ1、2回程度の細かいミスが見られたのに比べて、NON STYLEは目に見える
ミスが1回もなかった。ボケとツッコミが本当にきっちり絶妙な間合いでぴたっと来る。
漫才として減点対象になるような部分が一切なく、数々の賞レースを総なめにした
彼らの底力を見せつけたという感じだった。

 手数でナイツを上回り、スピード感で笑い飯・キングコングを上回り、さらに精密さで他
の決勝進出者全員をわずかにしのいでいたNON STYLE。現代漫才の潮流の最先端を
行く彼らの優勝は、漫才日本一を決める大会としてはこの上なく妥当なものだったと
言えるだろう。
(文/お笑い評論家・ラリー遠田)



できちゃった結婚激増の謎、中国特有の事情とは?!
―広東省広州市

12月22日2時23分配信 Record China

できちゃった結婚激増の謎、中国特有の事情とは?!―広東省広州市

2008年12月19日、大洋網は広東省広州市の結婚、出産事情に関する記事を掲載した。同市で結婚した夫婦の約3割ができちゃった結婚だが、その背景には中国特有の事情が潜んでいるという。写真は広州市の病院の新生児室

2008年12月19日、大洋網は広東省広州市の結婚、出産事情に関する記事を掲載した。同市で結婚した夫婦の約3割ができちゃった結婚だが、その背景には中国特有の
事情が潜んでいるという。

市計画生育行政の担当者によると、昨年結婚した夫婦のうちできちゃった結婚の
可能性が高いのは3万~4万人、全新婚夫婦の34%に達するという。中国が先進国
同様に性観念の解放が進んでいることの表れと見ることもできるが、担当者は
できちゃった結婚激増の裏には中国特有のある事情が潜んでいると話す。

【その他の写真】

その事情とはいわゆる一人っ子政策。結婚前に妊娠し子どもの性別を確かめ、
男の子ならばそのままできちゃった結婚。女の子だった場合には堕胎しているケース
があるという。一人っ子政策を推進している中国では、未婚女性の堕胎は極めて容易だからだ。担当者は傍証として広州市で男児が生まれる確率が広東省全体の平均値よりはるかに高く、自然の性別比率から逸脱していることを明かした。

男女の人口比が狂えば、将来的に結婚できない男性が大量に出現するなど多くの
問題が発生すると見られる。そのため中国では出産前の性別検査を禁じ、産み分けを
防止しようとしている。しかし実際には闇医者などを通じて調べる者も多いという。
また通常の病院でも報酬目当てにこっそりと性別を教えているケースもある。
その場合には「元気なお子さんですよ」と医者が言えば男の子、「男でも女でもどちら
でもいいじゃないですか」といえば女の子を妊娠していることを意味するなど暗号で
知らせるケースまであるという。担当者はいかに出産前の性別検査を禁じるかは今後
の課題だと話した。(翻訳・編集/KT)

沢尻エリカ結婚!高城剛さんと来年1月

12月22日2時53分配信 スポーツ報知


 女優の沢尻エリカ(22)が、かねてから交際していたマルチクリエイター高城剛さん
(44)と来年1月に結婚することが21日、分かった。

 関係者によると、年明けにも入籍の予定。2人は昨年9月に交際が明らかになり、
今年4月からロンドンで同居を始めていた。

 沢尻は英語の勉強などのため今年から女優業を休業。現在もロンドンに滞在して
いるが、来年には女優業に復帰する見込み。


キン肉万太郎がDynamite!!参戦 DJ OZMAプロデュースでサップと激突

12月22日16時44分配信 スポーツナビ


キン肉万太郎がDynamite!!参戦 DJ OZMAプロデュースでサップと激突

Dynamite!!でキン肉万太郎vs.サップが決定。DJ OZMAプロデューサー(中央)のマッチメークで実現【スポーツナビ】

 大みそか「Dynamite!!~勇気のチカラ2008~」(さいたまスーパーアリーナ)で
キン肉マンの息子・キン肉万太郎とボブ・サップのヘビー級ワンマッチが決定した。
これはDynamite!!のスペシャルプロデュサーに就任した人気歌手DJ OZMAが
マッチメークしたもので、22日に都内で行われた会見にはDJ OZMAに加え、対戦が
決まったサップとキン肉万太郎が出席。キン肉万太郎の正体は生年月日・出身地・
身長体重・不明と謎だが、噂ではバックボーンはレスリングで、全日本選手権7連覇という輝かしい成績を残し、現在は五輪の夢を捨て桜庭和志の下でトレーニングをしている
という。もちろんDREAMルールでの対戦。試合当日は戦闘用マスクで試合に臨むと
いうことで、「屁のつっぱりはいらんですよ」と決戦へ向け意気込みを語った。

 また、DJ OZMA自身もパフォーマンスを披露する予定で、年内で引退する
DJ OZMAにとってのDynamite!!がラストステージ。裏番組のNHK紅白歌合戦に
「僕を敵に回してはいけなかった。(落選させたことを)後悔することになるでしょう」と
挑戦状を叩きつけた。


2007年・・・

レ軍の世界一ボール食べられた!?パペルボンの愛犬がパクリ
12月22日8時1分配信 サンケイスポーツ
【ニューヨーク20日(日本時間21日)】優勝ボールのお味は? 
今年のワールドシリーズを制したレッドソックスの公式ホームページ
は20日、チームの守護神、ジョナサン・パペルボン投手(27)
が自宅に大切に保管していた世界一ボールを愛犬のブルドッグ「ボス」
にかみ砕かれた、と報じた。数週間前に起きた出来事という。

 一世紀以上の歴史を誇るメジャーでも、前代未聞の出来事だ。

 「おれの犬がかみ砕いちまったよ。やつは(ボールの)革が大好き
なんだ。自分のおもちゃで野球もするからな」

 今季の世界一ボールは、球団公認でパペルボンがミシシッピ州の
自宅の棚に保管していた。気が付くと、愛犬がジャンプしてボール
を奪い取ったという。

 被害状況は定かではないが、歴史の証拠品が無残な姿をさらした
ことは間違いなさそうだ。「残骸(ざんがい)は取っておくつもりだよ」。
本来なら“罰金もの”の出来事にも、常に周囲を笑わせるひょうきん者
に反省の色はなかった。

 レッドソックスでは、前回ワールドシリーズを制した04年にも
優勝ボールをめぐってひと騒動あった。ダグ・ミンケイビッツ
内野手(33)=今オフ、ヤンキースからFA=が、勝手に持ち帰っ
てしまったのだ。後に「返さない」と言い張り、球団と所有権を
めぐって裁判にまで発展した。

 今回は確信犯とはいかないだけに、レ軍のジョン・ブレーク
広報部長は「04年は86年ぶりの世界一だったから特別だった。
今回はパップ(パペルボンの呼称)が何と言おうと、彼のことを
信じるしかない」と戸惑いを隠しきれない。

 クリスマスを目前に控え、穏やかな全米中が仰天。パップと同い年
の松坂大輔、岡島秀樹(31)両投手もア然としたに違いない。

« 12月21日 | トップページ | 12月23日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月22日:

» ピッチングフォーム [ピッチングフォーム]
ピッチングフォームの修正は、独自で行うのではなく、本当に上手な人から教わるのが得策です。ピッチングフォームを変えることで、スピードもコントロールもずいぶん変わってきます。 [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 午前 11時16分

« 12月21日 | トップページ | 12月23日 »