« 1月6日 | トップページ | 1月8日 »

2009年1月 7日 (水)

1月7日

爪切りの日
新年になって初めて爪を切る日。
七草を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひ
かないと言われている。

千円札の日
1950(昭和25)年、初めて千円札が発行された。
肖像画は聖徳太子だった。不出来の500億円分が廃棄された。

1502年 - グレゴリウス13世、ローマ教皇(1585年没)
1528年 - フアナ3世(ジャンヌ・ダルブレ)、ナバーラ女王(1572年没)
1539年 - セバスティアン・デ・コヴァルビアス、スペインの辞書編纂者
1612年 - フィリッポ・ブオナンニ、イタリアのイエズス会士、科学者、
         収集家(1725年没)
1745年 - ヨハン・クリスティアン・ファブリクス、デンマークの昆虫学者、
         経済学者
1754年 (宝暦3年12月14日) - 石川雅望(宿屋飯盛)、劇作家、国学者(1830年没)
1768年 - ジョゼフ・ボナパルト、ナポリ王、のちスペイン王(1844年没)
1800年 - ミラード・フィルモア、第13代アメリカ合衆国大統領(1874年没)
1834年 - ヨハン・フィリップ・ライス、ドイツの物理学者、発明家(1874年没)
1831年 - ハインリヒ・フォン・シュテファン、ドイツの郵便制度の組織者(1897年没)
1844年 - ベルナデッタ・スビルー、ルルドの聖母と出会った少女(1879年没)
1858年 - エリエゼル・ベン・イェフダー、ヘブライ語学者(1922年没)
1859年 - マリー・ジョルジュ・フンベルト、フランスの数学者
1859年 - 馮国璋、清末民国初の軍人・政治家
1860年 - エマヌエル・マノロフ、ブルガリアの作曲家(1902年没)
1871年 - エミーユ・ボレル、フランスの数学者、政治家(1956年没)
1873年 - アドルフ・ズカー、ハンガリー生まれのハリウッドの
         プロデューサー(1976年没)
1873年 - シャルル・ペグイ、フランスの詩人、作家(1914年没)
1875年 - トマス・ヒックス、アメリカのマラソンランナー(1963年没)
1890年 - ヘニー・ポーテン、ドイツの俳優、映画スター(1960年没)
1891年 - ゾラ・ニール・ハーストン、アメリカの文筆家(1960年没)
1895年 - クララ・ハスキル、ルーマニアのピアニスト(1960年没)
1896年 - アーノルド・リドレー、イギリスの脚本家、俳優(1984年没)
1898年 - ルドルフ・ファーナウ、ドイツの俳優(1985年没)
1899年 - フランシス・プーランク、フランスの作曲家(1963年没)
1903年 - 森茉莉、小説家(1987年没)
1910年 - 中山健男、憲法学者(1977年没)
1912年 - ギュンター・ヴァント、指揮者(2002年没)
1912年 - 美濃政市、政治家(1988年没)
1913年 - ジョニー・マイズ、アメリカ野球殿堂入り選手
1916年 - パウリ・ケレス、チェスプレーヤー(1975年没)
1920年 - 多岐川恭、推理作家(1994年没)
1922年 - ジャン=ピエール・ランパル、フランスのフルート奏者(2000年没)
1937年 - 柳生博、俳優、司会者
1943年 - 佐々木禎子、「原爆の子の像」のモデル(1955年没)
1944年 - 吉田日出子、女優
1948年 - 水木一郎、歌手、声優(2代目うたのおにいさん)
1956年 - 三山のぼる、漫画家
1957年 - 北村照文、元阪神タイガース外野手
1963年 - 沖田浩之、俳優(1999年没)
1964年 - ニコラス・ケイジ、映画俳優
1966年 - 三賀勝稔、ミュージシャン
1969年 - 鍵本景子、女優
1972年 - 玉春日良二、大相撲の力士・元関脇
1974年 - 高橋由美子、歌手、俳優
1975年 - 伊藤里絵、アナウンサー
1975年 - せり、格闘家
1976年 - エリック・ガニエ、カナダ出身のサイ・ヤング賞投手
1976年 - アルフォンソ・ソリアーノ、広島東洋カープとシカゴ・カブスの野球選手
1977年 - 桐島優介、俳優、ミュージシャン
1978年 - 今宿麻美、ファッションモデル、女優
1978年 - CICO、BENNIE K
1979年 - 小川明日香、AV女優
1979年 - 具志堅用高がボクシング世界ジュニアフライ級チャンピオンを7連続防衛。
1980年 - MAH、ミュージシャン(SHAKALABBITS)
1980年 - 進藤学、俳優
1980年 - 青木琴美、漫画家
1981年 - 松本慶彦、バレーボール選手
1982年 - フランシスコ・ロドリゲス、MLBロサンゼルス・エンゼルス所属の投手
1982年 - 酒井まゆ、漫画家
1982年 - 冨田翔、俳優
1983年 - 青木裕子、TBSアナウンサー
1984年 - ジョン・レスター、MLBボストン・レッドソックス所属の投手
1985年 - ルイス・ハミルトン、F1ドライバー
1986年 - 船谷圭祐、サッカー選手
1986年 - 稲本ちえみ、AV女優・ストリッパー
1987年 - Erina、グラビアアイドル、歌手、桜(もも)mint'sメンバー
1989年 - 菅崎茜、歌手
1989年 - 中島由香利、音楽&ダンスユニットhy4_4yhのメンバー
1989年 - エミリアーノ・インスア、サッカー選手
1990年 - 伊藤謙司郎、スキー選手
1990年 - エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ、フィギアスケート選手
1990年 - リアム・エイケン、俳優
1991年 - 藤エンリン、中国人グラビアアイドル
1992年 - 枚田菜々子、女優
2004年 - アップルコンピュータから第1世代iPod miniが発表される。
2005年 - ブラッド・ピットが離婚。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

沖縄琉球学園・更新

日本ハム珍指令「ポニョ」禁止…替え歌に傷心のボッツに配慮

1月7日8時0分配信 スポーツ報知

 日本ハムが2月の沖縄・名護キャンプの練習中BGMとして、「崖の上のポニョ」
(藤岡藤巻と大橋のぞみ)を使わない方針を固めた。この理由には、来日2年目の
飛躍が期待されるジェイソン・ボッツ内野手(27)に対する配慮があった。

 昨季途中、ボッツの応援歌として「崖の上のポニョ」ならぬ「崖っぷちのボッツ」という
替え歌が自然発生した。「ボッツ、ボッツ、ボッツ、ジェイソン・ボッツ♪」とテンポ良く
始まる曲だが、当時は三振ばかりの助っ人を冷やかし「大きな大きなファウル~」など、侮辱的な歌詞も交じっていた。ボッツ自身も内容を理解し、少なからず心を痛めた
という。

 BGMは球団スタッフの選曲の他、選手のリクエストに合わせてヒット曲などが使われ
るが、「崖の上の~」が流されると、ボッツのトラウマをよみがえらせる恐れがある。
「本人もリズムに乗れないだろうし、うっかり流さないように気をつけます」と球団関係者。“ポニョ禁止令”を受け、昨季5本塁打の助っ人砲が大爆発するか。

 ◆崖の上のポニョ 昨年7月に公開された映画『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督)の
主題歌。藤岡藤巻と大橋のぞみのユニットで07年12月5日にシングル発売された。
映画の公開とともにセールスを伸ばし、CDの出荷枚数は50万枚を突破。「藤岡藤巻と大橋のぞみ」は昨年末の紅白歌合戦に出演、そのステージ限りで国内での活動を終了
した。
水道橋博士に第3子の男児が誕生 4122グラムのビッグベビー!

1月7日4時0分配信 オリコン


水道橋博士に第3子の男児が誕生 4122グラムのビッグベビー!

浅草キッド・水道橋博士[2008年4月撮影]

 お笑いコンビ・浅草キッドの水道橋博士に第3子となる男児が元日に誕生していた
ことが6日(火)、わかった。新年の始まりと共に生まれた4122グラムというビッグベビー
の誕生に博士は「本当に、凄い大仕事をしてくれた、カミさんに感謝」と自身のブログで
喜びを綴っている。

水道橋博士の写真入りプロフ

 新年が明けた数分後から妻に陣痛が始まり、深夜3時過ぎに夫妻はタクシーで
病院へ。「カミさんも子供も無事で、無事、無事で、お願います」と願い続け、予定日より
2日遅れの1日早朝6時34分に4122グラム、56センチの大きな赤ちゃんが誕生した。

 博士夫人の言葉もブログに引用され「分娩室に入って破水したのは6時台。
我慢できずにいきんでいきんでニョロニョロニョロニョロと出てきました!初乳も
ガツガツと飲み続け、泣き声もかなり大きくて、ちょっと怖いぐらい(笑)です…。
2009年の幕開けはめでたくて、やっとデカいおなかから解放されて、いいかんじです!!!」と痛みに耐え、我が子を世に送り出した母親ならではのリアルな言葉で出産
の様子を明かしている。

 博士は「母子共に元気であることを確かめたときの、例えようもない安堵感はなんだ?」と母子共に健康だと知って、涙が出てしまったことを告白し「人生はやっぱり劇的だ!!」とコメントしている。なお、第3子となる男の子の名前はブログによると「武士、文士、
博士の「士」――」で、士(あきら)ちゃんと名付けたという。


<不正アクセス>友人の交換日記読みたかった ミクシィでなりすまし 
容疑の学生を書類送検

1月7日17時16分配信 毎日新聞


 インターネットの会員制交流サイト「ミクシィ」に友人になりすましてアクセスしたとして、愛知県警生活経済課と北署は6日、名古屋市瑞穂区の男子大学生(19)を不正
アクセス禁止法違反と私電磁的記録不正作出・供用の疑いで名古屋地検に書類送検
した。

 容疑は08年4月10日、自宅で自分の携帯電話から、友人の男子大学生(19)の
IDとパスワードを無断で使って「ミクシィ」に不正にアクセスし、友人の日記や、友人が
日記を見せ合っていた交際相手の女性の日記を見るなどした疑い。

 大学生は「友人の交換日記の内容を盗み見たかった」と容疑を認めているという。大学生は友人になりすまし、自分も別の女性と交換日記をしていた。


 大学生は以前、友人に頼まれて友人の携帯電話を操作した際、パスワードなどを
教えられたという。【福島祥】

最終更新:1月7日17時16分


2007年・・・

「スクールウオーズ」の伏見工、あと一歩届かず 全国高校ラグビー
1月7日20時0分配信 産経新聞

5点が重い。後半ロスタイムに突入後も、伏見工は組織による連続攻撃を
仕掛けたが、ゴールラインは遠かった。トライは後半5分に主将のFB井口剛
が個人技で中央を切り裂いた1つだけ。高崎監督が「個人に組織で挑む」と
表現した試合で、最後まで組織での得点を奪えなかった。

 前半からラインアウトのミスが多かった。後半20分すぎにはゴールライン
を越えたが、ボールを着面できずに得点に至らなかった。わずかなほころびが、
1トライ(5点)差の惜敗となった。高崎監督は「アタックで詰め切れなかった」
と唇をかみ、選手たちはグラウンドに泣き崩れた。

 1981年に伏見工を初の全国制覇に導いた山口総監督はスタンドで観戦。
テレビドラマ「スクールウオーズ」の主人公のモデルにもなった“泣き虫先生”
こと山口総監督は「グッド・ルーザー(最高の敗者)の称号を与えてやりたい」
と目に涙を浮かべ、選手たちを強く抱きしめた。(田中充) 

最終更新:1月7日20時1分

中国で少年4人を逮捕、クラスメートを誘拐後殺害した疑い
1月7日9時55分配信 ロイター

[北京 6日 ロイター] 中国の広東省で、少年4人がクラスメートを
身代金目的で誘拐した後に殺害した疑いで逮捕された。6日にメディアが報
じた。
 新華社の電子版が地元紙の広東日報を引用して報じた記事によると、容疑者は
いずれも15─17歳で、先月29日に同省にある汕頭市でクラスメート(15)
を誘拐し、その数時間後に同被害者を殺害した疑い。また、このクラスメート
の父親に対して繰り返し、身代金50億元(約730万円)を要求する電話を
かけていた。
 個人起業家である被害者の父親が、電話の声の1人に心当たりがあったこと
から警察に通報。少年らは30日に警察の追及を受け、犯行を自供した。
 記事はまた、街頭監視カメラの映像に容疑者らが被害者の少年を追いかけ、
殴る様子が写っていたとしている。
 警察はその後近郊の村で、背中をはさみで刺された上で頭蓋(ずがい)骨を
骨折し、首には絞められた跡のある被害者少年の遺体を発見した。
 中国では、経済改革を採用した1970年代後半以降、犯罪率が急激に高まって
いる。 

最終更新:1月7日9時55分

ドコモのPHSサービス、7日で終了
1月7日14時31分配信 Impress Watch

NTTドコモは、PHSサービスを7日で終了する。

 ドコモのPHSサービスは、旧NTTパーソナルが1995年からサービスを開始した
もので、1997年9月に212万契約で最盛期を迎えた。1998年12月にはドコモが
NTTパーソナルからPHS事業を引き継ぎ、2003年には定額制データ通信サービス
「@FreeD」なども登場したが、ユーザー数は伸び悩み、2005年4月末には新規契約
の受付が終了していた。NTTパーソナル時代から数えると13年におよぶPHSサービス
に幕が下ろされることになる。

 同社の2007年12月末現在のPHSサービス契約者数は約15万5,000人。8日以降は
同社のPHSサービスの提供が終了し、端末の販売も終了する。PHSの解約と同時に
ドコモの携帯電話を契約する際、端末購入代金が無料になるといった変更特典に
ついては、7日まで受け付ける。PHSサービスが終了した8日以降、これらの特典
は受けられない。なお、PHSサービスの終了時刻は7日の24時。

« 1月6日 | トップページ | 1月8日 »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日:

» 伊藤里絵 のネタ [アイドル・タレント・女子アナ動画「ネタくん」]
伊藤里絵 のネタ 他にも アイドル・タレント・芸能人・女子アナ お宝・面白からアダルトの抜けるネタまで、ネタになる動画なら何でも紹介 [続きを読む]

受信: 2009年1月15日 (木) 午前 01時35分

« 1月6日 | トップページ | 1月8日 »