« 1月17日 | トップページ | 祝・復活ユニコーン!! »

2009年1月18日 (日)

1月18日

のど自慢の日 カラオケの日
NHKが制定。1946(昭和21)年、NHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始された。

家庭消火器点検の日
全国消防機器販売業協会が1991(平成3)年に制定。1と19で「119」となることから。
11月9日が消防庁が定めた「119の日」であるため、1月19日を記念日とした。

1200年(正治2年1月2日) - 道元、曹洞宗の開祖(+ 1253年)
1544年 - フランソワ2世、フランス王(+ 1560年)
1625年(寛永元年12月11日) - 北村季吟、歌人、俳人(+ 1705年)
1736年 - ジェームズ・ワット、技術者(+ 1819年)
1809年 - エドガー・アラン・ポー、小説家(+ 1849年)
1839年 - ポール・セザンヌ 、画家(+ 1906年)
1862年 - 森鴎外、小説家、評論家、翻訳家、医学者、軍医、官僚(+ 1922年)
1863年 - ウェルナー・ゾンバルト、経済学者・社会学者(+ 1941年)
1874年 - 常陸山谷右エ門、大相撲第19代横綱(+ 1922年)
1876年 - 若嶌權四郎、大相撲第21代横綱(+ 1943年)
1909年 - 水原茂、野球選手(+ 1982年)
1909年 - ハンス・ホッター、バスバリトン歌手(+ 2003年)
1919年 - アントニオ・ピエトランジェリ、映画監督(+ 1968年)
1919年 - ジャッキー・ロビンソン、メジャーリーガー(+ 1972年)
1920年 - ハビエル・ペレス・デ・クエヤル、第5代国連事務総長
1923年 - マルクス・ウォルフ、ドイツ民主共和国国家保安省(シュタージ)
             対外諜報総局長(+ 2006年)
1935年 - 柴田翔、小説家
1941年 - 明石康、国際公務員
1943年 - 安田春雄、プロゴルファー
1943年 - ジャニス・ジョプリン、歌手(+ 1970年)
1945年 - 佐高信、経済評論家
1947年 - 横山ひろし、漫才師
1948年 - 丘みつ子、女優
1954年 - 松任谷由実、シンガーソングライター
1957年 - 柴門ふみ、漫画家
1957年 - 小林健二、アーティスト
1959年 - 椎野茂、TBSアナウンサー
1959年 - 竹本泉、漫画家
1963年 - 松重豊、俳優
1964年 - 殊能将之、ミステリー作家
1965年 - 相沢正輝、声優
1966年 - ステファン・エドベリ、テニス選手
1967年 - ねこぢる、漫画家(+ 1998年)
1969年 - 川井郁子、ヴァイオリニスト・作曲家、
1969年 - 柴田博、テレビ朝日アナウンサー
1970年 - ウド鈴木、お笑いコンビキャイ〜ンのメンバー
1971年 - 衛藤ヒロユキ、漫画家
1971年 - 丸川珠代、自民党参議院議員・元テレビ朝日アナウンサー
1972年 - 中川家礼二、漫才師(中川家)
1973年 - 木村郁美、TBSアナウンサー
1974年 - 川本真琴、シンガーソングライター
1974年 - 奥山桃子、舞台女優
1975年 - フェルナンド・セギノール、プロ野球選手
1977年 - Cocco、シンガーソングライター
1978年 - TBS、人気音楽番組「ザ・ベストテン」放送開始(~1989年9月28日)。
1980年 - ジェンソン・バトン、F1レーサー
1982年 - 張韶涵、歌手
1982年 - ジョディ・スウィーティン、女優・フルハウス(ステファニー役)
1982年 - 森崎愛、タレント
1982年 - 中村裕司、元騎手
1983年 - 宇多田ヒカル、シンガーソングライター
1985年 - 石川梨華、歌手・元モーニング娘。のメンバー、現・美勇伝
1986年 - 牧野由依、声優・女優・歌手
1988年 - 山本裕典、タレント・俳優
1991年 - 高橋優、ファッションモデル
1994年 - 小薗江愛理、女優
1995年 - 星奈々、子役
1995年 - 川原彩、子役
1997年 - 黒岩伶奈、子役
生年不明 - KOTOKO、歌手
生年不明 - 車谷啓介、三枝夕夏IN dbメンバー
2038年 - この日以降、コンピュータが誤動作する可能性があるとされる。
               2038年問題
生年不明 - 我愛羅、漫画・アニメ『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクター

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2008年・・・

高橋ジョージ&三船美佳夫妻、ちょっと露出しすぎ!?

1月17日17時0分配信 夕刊フジ

高橋ジョージ&三船美佳夫妻、ちょっと露出しすぎ!?

高橋ジョージ、三船美佳夫妻(写真:夕刊フジ)

 このところ映画、DVDのイベントに出ずっぱりなのが歌手、高橋ジョージ(50)と
女優、三船美佳(26)夫妻だ。なぜこうも、引っ張りだこなのか。

  ■いつも一緒のこの夫婦■

 昨年来、だいたい月2回ペースでイベントに登場する2人。「年の差のカップルの
恋愛を描いた映画だけに2人はうってつけ」と言うのは「エレジー」(24日公開)を
配給するムービーアイ宣伝部。14日に東京・新宿で行われるトークショーに出席を
依頼した理由を「好感度が高くゴシップもない」と説明する。

 この映画、ヒロインのペネロペ・クルス(34)が激しい濡れ場を演じている。
質疑応答では年の差カップルの夫婦生活に質問が及びそうだが「トーク上手なので、
きっと無難にすり抜けてくれる…のでは」(宣伝部)。

 18日には都内で映像関係のイベントに。こちらはシークレットゲストのため詳細は
明かせないが、イベントを企画したPR会社によると、2人の所属事務所から「14日
にもイベントに出るが大丈夫か」と念を押された上でオファー。「日にちが異なれば
特に問題はない」と説明する。

 かつて、この手のイベントといえば「真っ先に声を掛けたのが叶姉妹」(ベテラン
映画宣伝マン)。とりわけハリウッド大作では常連だった。夫婦・恋愛モノでは
三原じゅん子とコアラ(現ハッピハッピー。)夫妻が定番だったが、こちらは2年前に
離婚。

 その後釜にピタリとハマったのが高橋・三船夫妻という図式だ。「新鮮味より、
作品のイメージを損なわない安定感を優先したい」(別のPR会社幹部)という気持ちも
分かるが、ちょっと出過ぎでは?


YOSHIKI香港公演で「自殺式撃鼓」

【香港17日=岩田千代巳】ロックバンドX JAPANの初の世界ツアーとなる香港公演が、アジアワールドエキスポで行われた。同ツアーは昨年大みそかの東京公演から
スタートし、香港は事実上の世界ツアーの皮切り。2日連続公演のこの日が最終日で、
2日で計2万人を動員。リーダーYOSHIKI(年齢未公表)は、地元紙が「自殺式激鼓」
(自殺行為のような激しいドラム)と表現した高速ドラムも披露し、ファンを熱狂させた。
今後、韓国、アメリカ、ヨーロッパ、中国を回る。

 「楽しんでる? 会いたかったぜ!」と、ボーカルTOSHIが広東語で第一声を放った。
香港で「マスター・オブ・ビジュアルロック」と言われる“師”の言葉に、1万人の観客から
大歓声が上がった。ほとんどが20~30代の地元男女で、同バンドのライブは初体験
のはずだが「Tears」「紅」「エンドレスレイン」を日本語で大合唱。手をクロスさせ、
ジャンプする「Xジャンプ」までやってみせた。

 海外ツアーの夢を持ちながらも97年に解散し、12年の時を経て実現した光景に、
YOSHIKIは英語で「信じられないし、この日を忘れられない。なんてお礼を言って
いいのか」と思いを口にした。

 地元のファン、メディアから多数のリクエストを受けた楽曲が「ART OF LIFE」。
ライブ版で10分以上(原曲は20分)あり、1分間で800ビートとされる高速ドラムを
駆使する。昨年3月の東京ドーム公演では、意識を失い失神した。それだけに
YOSHIKIは「トラウマになっていて」と迷ったが、封印を解いた。2日連続で同曲を
演奏し、途中フラフラになりながらもペットボトルの水をかけて自身を鼓舞。地元紙が
「自殺式激鼓」と表現した演奏を体感したファンは熱狂した。

 メンバー全員、2日間とも最高のパフィーマンスを見せた。YOSHIKIも最後は、
1000万円のドラムセットを派手に破壊。その残骸(ざんがい)に飛び込んで一時的に
失神するシーンも。会場は騒然となったが、スタッフの介抱を振り切って完走し、
X JAPANの世界を見せつけた。今後は3月21、22日に韓国で2公演を行い、
米国、ヨーロッパ、中国、台湾でライブを行う。

« 1月17日 | トップページ | 祝・復活ユニコーン!! »

今日の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月18日:

« 1月17日 | トップページ | 祝・復活ユニコーン!! »