« らしくないシリーズ | トップページ | 男の聖地?いや天国!!! »

2009年5月10日 (日)

ツアー「喧嘩商売」

ここ最近日記でも書いているようにただ今2、3年に1回やって
くる「リセット期間中」で、今までのやり方を見直したり、モノを処分
したり、逆に新しい事をやり始めたり、環境を変えたりしています。

新しいソファー・ベッドも購入し、家庭栽培なども始めました。
そして、8日、9日はネット・カフェへ。
今まで4回くらいしか行った事なかったのですが「ピン」ときたので
行ってみました。
せっかく行くなら違った事をやりたいと思い、ノートPCも持ち込んで
「ここで普段部屋でやっている作業をやったらどうなるか?」
という実験も試みました。

「いつも同じ場所だと新鮮さがないのでどっかないかなぁ~」

と考えていたのでタイミングはバッチリ。
で「作業をしながらの息抜きタイムはどんな漫画を読もうか?」
と考えた時に先日東京に行った事(東京書店)を思い出し、
新刊コーナーに「喧嘩商売」というコミックがあったなぁ~
と、いう事に気づきそのコミックを読む事に。
全然知識ゼロで読んでみた。
もちろん喧嘩の漫画なのだが、

内容は「H&ギャグ&たま~に喧嘩」

でした。

「何じゃコレ?」

と思ったがヤンマガで連載されている事を知り、なんか納得。
自分の想像だが、ヤンマガの読者層はH&ギャグは好きそう
だなぁ~と。

自分も作品を作るにあたって、1本の話の軸をただ進めるのでは
なく、H&ギャグの要素を入れながら見る人をあきさせない
エンターテイメントを織り交ぜる手法は大切だなぁ~と。

で、今回の2日間のネット・カフェツアーはどうだったかというと、
個室と時間を、お金で買う事により、部屋では味わえない適度な
緊張感があってよかった。
部屋でだとダラダラするけど、ネットカフェだと「もとを取らないと!」
と思うのでがんばり度が違います。
しかも、漫画からもいろんな刺激もアイディアも得るし。

映画はほとんど見ないけど、漫画は読み返す事もできるし、自分の
ペースで楽しめる。映画だと、あっちのペースに合わせないといけない
ので。途中で終わってもDVDみたいに「何巻から読もう~」という
漫画にはキャプチャー機能もあるしね。
映像を作るにあたって、映画を多く見るよりも、想像力や、言葉力があ
る漫画を見る方が自分にあっているかも。

という事で「喧嘩商売」は15巻(まだ連載中)あるうちのまだ4巻しか
読んでないのでネットカフェ「喧嘩商売」ツアーはまだ続きます。

あと、来週は次なる新しい事「太極拳」をやろうと思うので見学に行こう
と思います。



「喧嘩商売」の作者「木多康昭」という人物もかなり興味深い人物です。

トークショー
http://dansyaku.cagami.net/dansyaku_kita_talk.shtml


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%A4%9A%E5%BA%B7%E6%98%AD


2009510

« らしくないシリーズ | トップページ | 男の聖地?いや天国!!! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツアー「喧嘩商売」:

» ドラマ「アタシんちの男子」 [ドラマ「アタシんちの男子」]
ドラマ「アタシんちの男子」で堀北真希さん演じるこの物語の主人公・峯田千里も幼いころに母親を病気で失い、失踪した父親の借金の連帯保証人にされていたため、借金取りから [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 午後 02時32分

« らしくないシリーズ | トップページ | 男の聖地?いや天国!!! »