« 木村拓哉、イ・ビョンホンのお誘いを断りきれず釜山国際映画祭へ | トップページ | 9月28日 »

2009年9月27日 (日)

滝川クリステル 電撃降板決めた野心と母親

(ゲンダイネット - 2009年09月27日 10:01)

日記を読む(7)日記を書く

 フジテレビ「ニュースJAPAN」のキャスター、滝川クリステル(31)
が同番組を降板する。滝川は“斜め45度のほほ笑み”として人気を博した
フジの看板アナ。本人は「明日の自分と出会うために新しい一歩を踏み出す
ことを決意しました」とのコメントを発表したが、突然の降板劇にフジの
社員さえ「全然知らなかった」とビックリしている。
そのため裏事情をめぐる揣摩(しま)憶測が飛び交っているのだ。

「滝川が以前から独立を望んでいたのは事実」

こう言うのは民放プロデューサーだ。

「滝川はフジの採用試験に落ちて同局の系列会社、共同テレビに入社。
フジと専属契約をしているが、身分が共同テレビの社員のせいか、あれだけ
の人気なのに年収が1000万円台と待遇が良くなかった。そのため過去に
何度か独立話が出たんです。フジとしては人気の滝川に出ていかれたら
万事休す。そこで昨年10月末、滝川のためにフジ、共同テレビなどが
出資して『フォニックス』なる事務所を設立。滝川の年収は5000万円
にアップしたと聞いています」

高額のギャラをゲットして満足していると思ったら、さにあらず。
本人はさらなる野望を抱いているらしいのだ。

「ここにきて滝川が番組サイドにギャラアップを要求し、経費削減を推し
進めたいフジが滝川の続投を諦めたといわれる。そのため、滝川は
フォニックスを辞めて完全独立するとみられています。もともと彼女は
ニュース番組にとどまらず、タレント的な活動をしたかった。
実際、大学時代にミスコンや映画に出るなど自己表現願望が強い。
女子アナという縛りがなくなれば女優やCMなどいろんな活動ができ、
いまの何倍も稼げるはず。ウソかまことか滝川の母親がステージママで、
裏で交渉しているなんてウワサも流れてますよ」(前出のプロデューサー)

念願の“フリー”になった滝川。日仏ハーフの美貌を武器に「これから
何億円稼ぐか」と話題だが、あの暗さはニュース以外に通じるだろうか。

(日刊ゲンダイ2009年9月24日掲載

« 木村拓哉、イ・ビョンホンのお誘いを断りきれず釜山国際映画祭へ | トップページ | 9月28日 »

★エンターテイメント★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝川クリステル 電撃降板決めた野心と母親:

» ネットで稼ぐ人の手法を公開 [ネットで稼ぐ人の手法を公開]
ネットで稼いでいる人の手法を公開中。遊んでいってくださいね。ノウハウは古くなると使えなくなることもありますので、お早めに。 [続きを読む]

受信: 2009年10月10日 (土) 午前 10時08分

« 木村拓哉、イ・ビョンホンのお誘いを断りきれず釜山国際映画祭へ | トップページ | 9月28日 »