« 「ウィニー無罪」賛否…著作権侵害絶えぬ中 | トップページ | 期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了 »

2009年10月 8日 (木)

チャプリンの著作権継続=格安DVDの差し止め確定-最高裁

2009年10月8日10時51分配信 時事通信

 喜劇王チャールズ・チャプリン(1889~1977)の映画9作品の著作権が
いつまで保護されるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷
(宮川光治裁判長)は8日、「著作権は消滅していない」として、格安DVD
制作会社側の上告を棄却した。DVDの販売差し止めなどを命じた一、二審判決
が確定した。
 9作品は1919~52年に公表された「黄金狂時代」「独裁者」など。
 同小法廷は、全体の形成に創作的に寄与した者が映画の著作者となり、
その実名が表示されていれば、「著作権は死後38年間」とする旧著作権法の
規定が適用されるとの初判断を示した。

チャップリン その素顔と未公開映像

« 「ウィニー無罪」賛否…著作権侵害絶えぬ中 | トップページ | 期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了 »

★エンターテイメント★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャプリンの著作権継続=格安DVDの差し止め確定-最高裁:

« 「ウィニー無罪」賛否…著作権侵害絶えぬ中 | トップページ | 期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了 »