« 泡瀬干潟 前原担当相 沖縄市長に埋め立て中断など伝える | トップページ | 爆笑・田中が公の場で離婚真相を初告白! »

2009年10月 4日 (日)

松戸市役所すぐやる課40歳、最近はハチ退治中心

2009年10月4日5時56分配信 読売新聞


 市民の要望に迅速に応えるため、千葉県松戸市で全国に先駆けて誕生した
「すぐやる課」が、6日で開設40年を迎える。

 この8月で受理件数は延べ13万件を超えた。当初は道路補修など土木
作業の要望が多かったが、今はハチ退治が中心だ。要望も多様化し、家の
掃除など対応できない依頼も相次いでいる。

 「掃除するから、うちのテレビを動かしてほしい」。依頼してきた高齢
の女性に、課員が「家族はいないの?」と聞くと、「嫁が2階にいるけど、
頼めない」という回答だった。

 同課に寄せられる要望は、年間1万件以上とされる。このうち、受理する
のは近年、3~4割にとどまる。自宅の掃除のほか、「隣の犬がうるさい」
といった近隣トラブルの解決などの依頼が多いが、断っているという。

 大竹忠重課長は「地域や家族でコミュニケーションがなくなって、簡単
なことも人に言えないのでは」と話す。

 実際に対応した仕事内容では、当初は道路や側溝の補修など、土木作業
が約9割を占めていたが、2008年度は3676件中707件(19%)
。代わりにスズメバチ駆除などが2094件(57%)と増加した。
ハチの駆除では防護服を着用しても刺されることがあり、ハチ毒に対する
抗体の検査で、ショック症状の危険性を示す結果が出ると、担当職員は
異動になるという。

 市の人口は発足当時に比べ、約48万人に倍増しており、同課は
「宅地開発が進み、ハチが住宅街に出てきたのでは」と分析する。一方、
「すぐやる精神が役所内に広がった」ことで、土木作業の要望は直接、
担当の道路維持課などが対応することが増えたという。

 「すぐやる課」は、「マツモトキヨシ」創業者の松本清・元市長が
69年に設置した。類似の課は全国300か所以上の自治体で設置されたが、
行革の一環で廃止が相次ぎ、現在は数十か所程度という。

 ただ、同課への視察や取材などは近年増えており、08年度は38件。
茨城県常陸大宮市は昨年、「すぐ対応課」を新設した。再評価の流れに
ついて、松戸市は「平成の大合併で巨大化した自治体などで、仕事の『はざま』
を埋めるため、必要となっているのでは」と話す。

 同市は、6日午後2時から、松戸市民会館で40周年記念式典を開き、
パネル討論などを行う。

最終更新:10月4日5時56分

« 泡瀬干潟 前原担当相 沖縄市長に埋め立て中断など伝える | トップページ | 爆笑・田中が公の場で離婚真相を初告白! »

★地域★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松戸市役所すぐやる課40歳、最近はハチ退治中心:

« 泡瀬干潟 前原担当相 沖縄市長に埋め立て中断など伝える | トップページ | 爆笑・田中が公の場で離婚真相を初告白! »