« のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」 | トップページ | トヨタ「FT-86 Concept」、新ハチロクの開発目標はドリフト性能世界一 »

2009年10月26日 (月)

「小学五年生」「六年生」休刊へ

2009年10月26日13時36分配信 産経新聞


 小学館(東京都千代田区)は26日、学習雑誌『小学五年生』『小学六年生』
を平成21年度いっぱいで休刊すると発表した。両誌は大正11年に創刊。
最大発行部数は、五年生は63万5千部、六年生は46万部をともに
昭和48年4月号で記録したが、最近は高学年児童の関心の多様化などから
需要が減少し、部数は5万部から6万部で推移していた。

 五年生は来年2月3日発行の3月号、六年生は今年12月28日発行の2・3月
合併号が最終号となる。

 小学館広報室は「近年の社会状況や学習環境の変化はたいへん大きく急激であり、
子供たちの趣味や嗜好の多様化が進み、情報も細分化されている。(2誌が)
大きな時代の変化と読者のニーズに必ずしも合致しなくなった」とコメントした。

 休刊の2誌に代わり、22年春に学習マンガ誌『GAKUMANPLUS(仮題)』
を創刊予定という。

 「小学一年生」から「四年生」は来年度以降も発行を続ける。

« のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」 | トップページ | トヨタ「FT-86 Concept」、新ハチロクの開発目標はドリフト性能世界一 »

★社会★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小学五年生」「六年生」休刊へ:

« のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」 | トップページ | トヨタ「FT-86 Concept」、新ハチロクの開発目標はドリフト性能世界一 »