« 「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰? | トップページ | 「もう一度自堕落な生活を…」藤原竜也、『カイジ』続編を願う »

2009年10月10日 (土)

内田恭子独り勝ちの理由

(ゲンダイネット - 2009年10月10日 10:01)

●新たに2本で年収2億円か

リストラ風が吹き荒れるテレビ界にあって、勝ち組と注目されているのが
元フジテレビの内田恭子(33)。CM出演が増え、今年度の年収はついに
2億円の大台を突破する勢いなのだ。

内田は現在、セミヌードで話題になった日清食品の「カップヌードルライト」
第一三共ヘルスケア、キリンビールの計3社とCM契約を交わしているが、
内田ファンにはたまらない「カップヌードルライト」のCM第3弾への出演も
内定したという。露出度はこれまでの中でもっとも高く、胸元やヒップを
ギリギリまで披露する絵コンテが出来上がったという。

「ウッチーがCM界で人気なのは元人気局アナという看板と、透明感のある
ナチュラルな色気が理由です。しかも、彼女は人妻で万人受けする好感度も
キープしている。今は業種がかぶらない限り受けていて、すでにメーカー2社
と新たな契約を交わしたそうです」(広告関係者)

内田の場合は企業やマスコミとのコラボ企画も多く、イメージの良さは折り
紙つきだ。

もっとも、意外なことに今月時点でレギュラーは「ジャンクSPORTS」
(フジテレビ)、「グータンヌーボ」(同)などわずか3本しかない。
それでこの人気なのには秘密があるという。

「過度の露出は視聴者に飽きられるため、吉本興業に務める夫のアドバイス
で出演を控えめにしている。その結果、今のレギュラーはフジ系だけになって
いる。他局からバラエティーやドラマのオファーがあっても特番でない限り
は断ることが多いそうです」(事情通)

ちなみに、制作費節減の折ということもあって内田のギャラは売れっ子の割に
リーズナブル。GP帯で90万円以下、特番などはこれに1.5を掛けた
金額という。

今の内田に追随できそうなフリーアナは先頃キャスターを降板した
滝川クリステルだけ。しばらくはウッチーの天下のようだ。

(日刊ゲンダイ2009年10月7日掲載)

内田恭子のやさしいおもてなし 内田恭子のやさしいおもてなし

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰? | トップページ | 「もう一度自堕落な生活を…」藤原竜也、『カイジ』続編を願う »

★エンターテイメント★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内田恭子独り勝ちの理由:

» CMでも大人気 内田恭子のちゃっかり人生 [芸能・エンタメニュース]
結婚4年目にして妊娠が発覚した元フジテレビアナウンサーの内田恭子(33)。最近の仕事ぶりは。 内田は06年3月にフリーに転身し、同年7月に吉本興業社員の木本公敏氏(36)と結婚。現在はバラエティーやCMで大活躍中。その上、オメデタなのだから周囲から素直にうらやましがられている。「結婚当初は給料が安い吉本の社員との格差婚が話題になりましたが、フリーになってからは、吉本の敏腕マネジャーである夫の戦略的なか... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 午後 08時52分

« 「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰? | トップページ | 「もう一度自堕落な生活を…」藤原竜也、『カイジ』続編を願う »