« 11月5日 | トップページ | Acid Black Cherry、yasuの喉の治療のため活動一時休止 »

2009年11月 4日 (水)

TBSが初の赤字 視聴率低迷で「おくりびと」効果も帳消し

2009年11月4日18時1分配信 産経新聞

 TBSホールディングスが4日発表した平成21年9月中間連結決算は、
売上高が前年同期比1.5%減の1757億円、最終損益は9000万円の
赤字(前年同期は46億円の黒字)だった。中間決算の公表を始めた12年
以降、最終赤字は初めて。

 本業の放送事業は広告収入の激減に加え、視聴率がNHKを含む在京キー局
で6社中5位に低迷し、39億円の営業赤字を計上した。米アカデミー賞受賞作
の邦画「おくりびと」のロングラン上映があった映像・文化事業や「赤坂サカス」
などの不動産事業は予想より堅調に推移したが、赤字を埋めきれなかった。

 22年3月期の通期予想では、売上高が前期比5.5%減の3520億円、
最終損益が29億円の赤字(前期は16億円の黒字)を見込んでいる。

« 11月5日 | トップページ | Acid Black Cherry、yasuの喉の治療のため活動一時休止 »

★経済★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBSが初の赤字 視聴率低迷で「おくりびと」効果も帳消し:

« 11月5日 | トップページ | Acid Black Cherry、yasuの喉の治療のため活動一時休止 »