★イチロー★

2009年10月 5日 (月)

<大リーグ>イチロー有終225安打 4年連続「最多」確実

2009年10月5日12時10分配信 毎日新聞

 【セントピーターズバーグ小坂大】米大リーグは4日、レギュラー
シーズン最終戦が各地で行われ、マリナーズのイチローはレンジャーズ
戦で中前打を放ち、今季225安打で打率3割5分2厘。ア・リーグ
中地区で首位に並ぶタイガースとツインズが勝敗数で並んだため、6日
の優勝決定戦後にア・リーグの個人成績順位が確定するが、首位打者争い
はツインズのマウアーに次ぐ2位。4年連続のシーズン最多安打は確実
となった。チームは4-3で勝った。

 ヤンキースの松井秀はレイズ戦に先発し、2打数1安打。
今季は28本塁打、90打点、打率2割7分4厘だった。チームは
10-2で勝った。

 カブスの田口は無安打。チームは2-5でダイヤモンドバックスに敗れた。
アストロズの松井稼はメッツ戦で無安打。チームも0-4で敗れた。
インディアンスの大家はレッドソックス戦に先発し、5回7失点で5敗目
を喫した。試合結果は7-12。ロイヤルズの薮田はツインズ戦で2回を
4安打3失点。チームは4-13で敗れた。ブレーブスの川上はナショナルズ
戦で2回無失点だった。チームは延長十五回、1-2で敗れた。

 8チームによるプレーオフ地区シリーズ(5回戦制)は7日から始まる。

 ◇松井秀、勝負のプレーオフ…ヤンキース契約最終年

 最後は久しく絶えていた快音で締めくくった。松井秀は六回の第3打席に
初球146キロの直球をたたいて中前打。先発デービスがストライクを取ろう
と置きにきた甘い球だった。「いい形で打てたので次につながる」と松井秀
は2年ぶりのプレーオフを見すえた。

 とはいえ、安打は地区優勝を決めた27日のレッドソックス戦での殊勲の
勝ち越し打以来、16打席ぶりだ。今季は、両ひざの状態を確かめながらの
プレーで、こうした長い沈黙が続く日があり、打率は2割7分4厘とメジャー
7年目で最低となった。松井秀も「明らかに低い感じがする。それが一番の
反省点」と自覚している。

 今季はヤンキースとの契約も最終年。これまで来季以降のことは明言せず、
自己2番目の28本塁打(最多は04年の31本)を含めた数字も
「現時点で自己判断は難しい」とすっきりはしない。夏以降は5番に定着して
名門の独走優勝に貢献したが、さらに強い印象を与えるにはプレーオフでの
活躍が求められる。

 「いいことも悪いことも反省して次につなげる」と松井秀。チームにも
個人にとっても勝負のプレーオフが始まる。【小坂大】

 ○…岩村は先発を外れて今季終了をベンチで迎えた。5月に二塁の守備中に
走者と交錯して左ひざの靱帯(じんたい)を痛めて手術。8月末の復帰まで
3カ月を要したために、メジャー3年目の今季は出場69試合にとどまった。
自身も「完全燃焼できていない部分がある」と振り返った。来季の契約は
球団側に選択権があり、残留かどうかは、はっきりしない。
岩村は「まずは球団の判断。自分は何もできないので指をくわえて待つだけ」
と話した。

イチローに学ぶ「天才」と言われる人間の共通点
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2009年10月 4日 (日)

イチロー 9年連続200本安打達成秘話

 大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー外野手(35)が前人未到の
9年連続200本安打の大記録を達成した。14日(日本時間)のレンジャーズ戦、
第2試合で記録したものだが、イチローが大リーグの歴史を変えるまでに
はある“秘話”があった。

 「イチローは大リーグの象徴であるホームランの魅力、あのベーブ・
ルースに代表される一発屋の時代を一気に変えた選手。100年前の古き良き
時代を思い出させてくれた偉大なプレーヤーだ」。こう語るのは大リーグ
に精通する作家のロバート・ホワイト氏だ。
 大リーグの歴史を彩ったスーパースターは数多くいる。ルースはもちろん
ハンク・アーロン、ピート・ローズ、ジョー・ディマジオ、テッド・
ウィリアムス、スタン・ミュージアル、ヨギ・ベラなど枚挙にいとまがないが、
「イチローは彼らとは意味の違うスーパースター。日本から来てデビュー
から9年連続での大記録は前代未聞の出来事で、紛れもなく大リーグの歴史
を変えた選手だ」(前出のホワイト氏)となれば、イチローとは一体何者か。
 「大リーグの中で一番ストライクが取れないし、同じ攻め方は一切通用
しない、信じられない選手だ」というのは現在イチローと首位打者を争って
いるツインズのマウアー。

 こんなイチローも常に努力を重ねていることを忘れてはならない。
試合中もベンチ内のモニタールームでフォームの改良を怠らない。自宅にも
トレーニングルームがあり、試合直前まで体を作ることに専念している。
 「バッティングは答えがないし終わりはない」というイチローが精神面で
大きな変化を感じたのが、あの一打だ。
 WBC決勝、延長10回の決勝タイムリー。「もう技術じゃない。日本国民の
思いが自分の一打に詰まっている。これは恐怖だった。その結果が今シーズン
につながっている。もう何が起こっても怖くなくなった」
 イチローは開幕から胃の病気で欠場しながらも復帰してから安打を量産し、
メジャー通算2000本安打もふくらはぎ痛から復帰後に軽く達成してしまった。
 解説者の与田剛氏は言う。「イチローはカメレオンですね。相手に合わせ
て自分をどうにでも変えられる。全世界で一番怖さを知っている男だと思うが、
それを克服したのは、もう並の人間じゃないですよね」
 イチローは他の大リーガーたちの憧れ。今年のオールスター戦でも、
ヤンキースのロドリゲスらスーパースターが教えを請いに来たほど。
それに気軽に話し合うのがイチローの魅力でもある。
 最近では大リーグの野球殿堂入りもささやかれ始め、レッドソックスの
主砲オルティスは「彼がもうプレーしないと決めるまでの間に殿堂入りは
疑いのないものになっている」と語る。
 イチローの実績からすれば、「殿堂入りには大リーグで10年以上プレーす
る必要がある」という規約も関係ないか。イチローは今季9年目だが、今回の
9年連続200安打が決め手となり、まず間違いなく殿堂入りとなる、といわれて
いる。ここでもイチローは大リーグの歴史を変えることになるのか注目される。
 大リーグの奪三振王で知られる、あのノーラン・ライアン
(現レンジャーズ社長)は「打つだけでなく守備もエキサイティングな選手。
なんでもできる男で大リーグの歴史に残る偉大な選手だ」と絶賛する。
 「イチローはバットコントロールでも天才。100年に一人の大打者です」。
ロッテ、バレンタイン監督の言葉が天才イチローのすべてといえる。

イチロー進化論 進化したイチローに学ぶ「成功」の思考と行動  /児玉光雄/著 [本]

| コメント (0) | トラックバック (0)