★くらし★

2009年10月 7日 (水)

高機能ティッシュ、知恵競う

大王、日本製紙 ウイルス対策品など続々 高機能ティッシュ、知恵競う
2009年10月7日8時17分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


新しい機能や使い方をうたった家庭用ティッシュの投入が相次いでいる。
大王製紙は、新型インフルエンザなどの感染予防に役立つ商品を近く発売。
日本製紙グループの日本製紙クレシア(東京都千代田区)は、癒し効果の
ある香り成分を配合した商品を投入した。価格下落で市場が縮小傾向にある
なか、商品に付加価値をつけることで、利益の底上げを図る。

 「エリエール」ブランドを展開する大王製紙は、インフルの感染予防に
焦点を当てた「ウイルスブロック」を21日に発売する。一般的なティッシュ
よりも厚みがあり、3層構造とすることで、はなをかんだ際に鼻水が裏側
にしみ出てテーブルなどに付着するのを阻止。他人が鼻水に触れてウイルス
に感染するのを防ぐ。年末までの期間限定商品で、想定価格は90枚入り
200~250円だ。

 同社は同じ商品を5年前に試験販売したが、季節性が高く通年での収益
が見込めないため、本格販売を見送っていた。しかし、新型インフルの感染
拡大で消費者から再発売を求める声が多数寄せられたことから、期間限定
での商品化を決めた。

 同社によると、すでに想定の2倍を超える注文が舞い込んでおり、年明け
以降も販売を継続する方向で検討に入っている。ウイルス対策関連では、
ほかにも同社初となる家庭用マスクの投入を予定しており、シリーズ化する
ことによって関連需要を取り込む。

 一方、日本製紙クレシアは、「かぐティッシュ」という新しいジャンルの
開拓に乗り出した。1日には、香り付きの「クリネックス アロマティシュー」
を発売。癒し効果のある香りにより、はなをかんだり、汚れをふき取ると
いった一般的な使用法に限らず、かばんの中に入れておくなどの新しい使い
方を提案する。香りに応じて2種類があり、想定価格はボックスで250円
前後。

 大王製紙によると、価格下落の影響で、今年4~8月の家庭用ティッシュ
市場は、前年同期比0.1%減の380億円と微減で推移したもよう。
メーカー各社は原燃料価格の上昇に対応するため、9月から主力商品の卸
価格を上げたが、消費者の低価格志向は強く、今後も大きな値上がりは難しい
とみられる。

 一般的な商品は5箱で200円程度なのに対し、高機能商品は価格が高く
利幅も大きいため、投入をめぐる動きは今後も加速しそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)